Call for Papers The 2020 Annual Meeting of the Japan Society for Medieval European Studies (JSMES) Toyama University 13-14 June 2020

Call for Papers

The 2020 Annual Meeting of

the Japan Society for Medieval European Studies (JSMES)

Toyama University

13-14 June 2020

The 2020 annual meeting of the Japan Society for Medieval European Studies will be held on the 13th-14th June 2020 at Toyama University. The Programme Committee invites proposals for papers (30 minutes in Japanese or English) on topics of medieval studies. Any member of the JSMES (or Medieval Association of the Pacific) may submit a paper proposal (There are normally 4 to 5 papers read at the meeting).

 

<Proposals>

The proposal must include

(1) the proposer’s personal and contact information (name, professional status, e-mail address, postal address, fax and telephone numbers),

(2) a brief CV (with the list of publications and conference papers), and

(3) The title of the proposed paper and its 250-word abstract.

 

Proposals should be submitted to Dr Yuichi Akae, chairperson of the Programme Committee, by email (office.jsmes@gmail.com) by 20 December 2019. Decisions will be announced by the end of January 2019.

第12回西洋中世学会自由論題報告の募集

西洋中世学会会員の皆様

第12回西洋中世学会大会(2020年6月13日(土)、14日(日)に富山大学で開催予定)の自由論題報告を募集します。報告は中世研究に関するもので、30分程度です。奮ってご応募ください。応募締め切りは2019年12月20日(金) とします。

自由論題報告を希望する方は、以下の記載をお願いします。

  • 報告者のお名前、所属(勤務先/在学先、いずれも該当しないと思われる場合には独立研究者としてくださると幸いです)、Eメールアドレス、連絡先住所、電話番号)
  • 報告者の業績リスト(発表論文、会議報告など)
  • 報告タイトルと報告内容の要旨(1200字程度)

応募先:西洋中世学会大会準備委員会

大会準備委員長 赤江雄一(office.jsmes@gmail.com

報告者の決定は、2020年1月末までに行い、通知します。

【学会からのお知らせ】「年会費減額申請書(新規申請)」の提出期限

西洋中世学会会員の皆さま
昨年度、改訂いたしました運用規定「年会費減額申請書(新規申請)」について今年度の申請書提出期限が近づいていますのでご連絡申し上げます。
正会員で会費の減額を希望される方は、本メールに添付の「年会費減額申請書(新規申請)」年会費減額申請書(新規申請)に必要事項を記入し、メールもしくは郵送で学会事務局宛てに提出してください。特段の理由があると常任委員会が認めた場合には、翌年度からの会費を6,000円に減額いたします。
常任委員会の開催日程や事務処理の都合上、以下の期日までにご申請ください。
申請書提出期限:11月30日(土)
上記期限を過ぎて申請された場合、常任委員会での承認は翌年度に持ち越しとなり、会費の減額は翌々年度からになりますので、ご注意ください。
減額期間は申請書に記された理由が継続しているあいだとします。
減額承認後、事務局から求められた場合には「年会費減額申請書(継続申請)」を提出してください。

 

減額が認められる理由としては、
1.博士課程を修了し、大学等研究機関において正規の学籍を有していないが、現在常勤職に就いていない、
2.これまで常勤職に就いていたが、諸般の事情により常勤職を離れた、などが挙げられます。
【運用規定_2018年6月23日改訂】*********************

III.会費について

1.正会員の年会費は8,000円とする。ただし会費の減額を希望する者

は、特段の理由がある場合には、所定の手続きを経ることで年会費を
  6,000円に減額する措置を受けられる。
2.学生会員の年会費は4,000円とする。

3.賛助会員の年会費は一口25,000円とする。
**************************************************************