学会賞

「西洋中世学会賞」について

このたび西洋中世学会では、学会員による研究の奨励と西洋中世研究の更なる発展を目的として、西洋中世学会賞を創設することとなりました。本賞は、審査委員会による厳正な審査のもと、隔年で、原則として毎回1名の学会員に授与されます。選考対象となる業績は、過去2年間に学会誌である『西洋中世研究』及びSpicilegiumに発表された論文、並びに学会員の自薦・他薦により寄せられた、過去2年間に他の媒体に発表された論文です(推薦書のフォーマットはこちら)。2019年度大会で第1回目の授与を行う予定です(詳細については、表彰規定も併せてご参照ください)。

西洋中世学会賞 表彰規定

  • 第1条
    本賞は、学会員各位による研究を奨励し、西洋中世研究の更なる発展を促すことを目的とするものである。
  • 第2条
    本賞は、隔年で、原則として1名の学会員に授与される。
  • 第3条
    本賞は、過去2年間に『西洋中世研究』及びSpicilegiumに発表された論文を対象とする。また、会員の自薦・他薦により寄せられた、過去2年度(3月31日を年度末とする)の間に他の媒体に発表された論文も対象とする。
  • 第4条
    学会の事務局が選出し、常任委員会で承認された学会賞審査委員が審査を行う。
  • 第5条
    受賞者には賞状を授与し、その氏名及び論文名を学会誌並びにホームページ上で公開する。
  • 第6条
    表彰式は、学会賞授与の対象年度に開かれる西洋中世学会大会時に行う。
  • 附則
    本規定は、常任委員会の審議を経て、総会において変更することができる。
    本規定は、2017年度西洋中世学会大会から施行される。

「西洋中世学会ポスター賞」について

このたび西洋中世学会では、会員各位の研究奨励を目的とし、ポスター報告が実施される大会において「西洋中世学会ポスター賞」を選定することとなりました。ポスター報告は、萌芽的なアイデアの披露やプロジェクトの紹介など多様な段階・性格の研究を披露する機会ですが、次回より賞にエントリーされた報告のなかから優れたものに「審査員賞」と「オーディエンス賞」を授与します。なお、エントリーなしでの報告も歓迎します。

【審査員・審査方法】

審査は2通りの方法で実施されます。「審査員賞」は、学会役職者などで構成される審査委員会が選出します(審査委員の氏名は大会終了後公表)。下記の審査基準をもとに、各審査員が記名のうえ、上位3報告に、1位:3点、2位:2点、3位1点を与え、合計点に基づいて賞を授与します。「オーディエンス賞」は、一般の聴衆が、やはり下記の審査基準のもと優れた報告2本に票を投じ(各票1点)、合計点に基づいて賞を授与します。

審査基準

  1. (1)ポスターの質
    字・図表が適度な大きさで見やすい
    情報が多すぎず整理されている
    ポスターだけで要点が理解できる
  2. (2)研究の内容・質
    内容が新規性・独創性に富む
    方法が妥当である
    議論の構成や結論が妥当である
  3. (3)プレゼンテーション
    説明が明解でわかりやすい
    適度かつ充分な説明ができている
    質問への応答が的確である

【受賞件数】

エントリーされたポスターの1/10程度とします。

【審査結果の発表】

大会閉会時に受賞者を発表し、賞状を授与します。また、学会ホームページ及び学会誌に、受賞者の氏名と所属、タイトルを公表します。

西洋中世学会ポスター賞 表彰規定

  • 第1条
    本賞は、学会員各位による多様な性格の研究を奨励するため、優れたポスター報告を顕彰するものである。
  • 第2条
    本賞は、ポスター報告が実施される大会において授与される。
  • 第3条
    本賞には、審査委員会が選出する審査員賞と聴衆が選出するオーディエンス賞が存在する。
  • 第4条
    本賞は、エントリーされた報告から、原則として10分の1程度に授与される。
  • 第5条
    審査員賞は、学会の事務局が選出し、常任委員会で承認された審査委員が選出する。
  • 第6条
    オーディエンス賞は、聴衆が投票により選出する。
  • 第7条
    受賞者には賞状を授与し、その氏名及び報告名を学会誌並びにホームページ上で公開する。
  • 第8条
    表彰式は、学会賞授与の対象年度に開かれる西洋中世学会大会時に行う。
  • 附則
    本規定は、常任委員会の審議を経て、総会において変更することができる。
    本規定は、2017年度西洋中世学会大会から施行される。

第1回学会賞(第11回大会)

  • 桑原夏子「トリエステ近郊ムッジャ・ヴェッキアの聖母晩年伝壁画──イタリアにおける聖母晩年伝図像生成初期の様相の再検討と終末思想との関わり」[『西洋中世研究』第8号(2016年)掲載論文]

受賞者からコメントをいただきました。

  • 「本論文で扱ったムッジャの聖堂には、その後のイタリア各地の聖堂でさかんに描かれることになる聖母晩年伝の最も古い作例の一つが描かれています。しかし、本壁画は作者も制作経緯も不明であり、欠損部分も多く、美術の中心から離れた周縁の土地の作例であることから、その重要性は等閑視され、十分な研究に恵まれてきませんでした。研究史のメインストリームから逸脱した事象に光を当てて見えてくるものは、メインストリームの理解に対する新たな問いを導くものであり、それこそがさらなる知の開拓につながるものであると、今回の受賞で力強く励ましていただいたように思います。」

第2回ポスター賞(第11回大会)

  • 審査員賞:    北舘佳史「クレルヴォー修道院の死者記念」
  • オーディエンス賞:桑原夏子ジョット作《聖母の埋葬》の図像と構図の波及力について」

受賞者のお二人からコメントをいただきました。

「この度は、このような素晴らしい賞を賜り、望外の喜びです。本発表の評価をして頂いた審査員の方々、また、ポスターをご覧頂き、ご意見を頂戴した多くの皆様に感謝申し上げます。西洋中世学会のポスター報告はいつも、多くの方々と交流し、研究の幅を広げ、可能性を探る大変貴重な機会となっております。今回の受賞を励みにして西洋中世研究の発展に少しでも貢献できるように一層の研鑽を積んで参りたいと思っております。」

(北舘佳史・審査員賞)

「本報告は、今年1月から3ヶ月間、オランダ大学機関美術史研究所(NIKI-Florence)の博士研究員として実施した研究成果の一部です。発表会場で他分野の研究者の方々を含め交わした対話によって、一つの学問領域の研究手法に縛られていては見えなかった切り口に気付くことができ、また他者の研究の中に自分の研究との繋がりを発見することもできました。対話に参加してくださった方々に心より御礼申し上げると同時に、オーディエンス賞に選んでいただいたことを心より嬉しく思います。」

(桑原夏子・オーディエンス賞)

 


第1回ポスター賞(第10回大会)

  • 審査員賞:    高橋香里「 中世後期ノルウェー祭壇画群から考察する西洋初期油彩技法の研究」
  • オーディエンス賞:岩永玲「 ヨークシャー北部における初期中世装飾石彫の生産 」

 

受賞者のお二人からコメントをいただきました。

「この度は素晴らしい賞を、第一回という記念すべき年に受賞できたことを大変嬉しく思っております。西洋中世の絵画技法・材料の一端を科学的手法で明らかにしていくことが私の研究目標ですが、ポスター発表を通じて、当時の商業や宗教など様々な視点からご意見を頂けたことは、今後の研究の幅を広げ、邁進していく大きな励みとなりました。本発表をご評価頂きました審査員の方々、ポスターをご覧頂きました皆様に、この場をお借りして感謝申し上げます。」

(高橋香里・審査員賞)

「この度は、身に余る賞を賜り大変光栄に存じます。この場をお借りして、本報告に目を通し多々のアドバイスをくださった西洋中世学会学会員の皆様、研究へのご支援・ご協力を賜ったヨークシャー各地の教会の皆様、公益財団法人髙梨学術奨励基金の皆様、所属研究室の皆様に、深謝申し上げます。本大会での学問分野や研究対象地域を超えた研究者の皆様との交流で得た知識を活用し、西洋中世研究の発展に微力ながら貢献できるよう研究に励んで参ります。」

(岩永玲・オーディエンス賞)

なお、審査員賞については、池上俊一審査委員長から以下のコメントをいただいています。

「2018年度西洋中世学会ポスター賞の「審査員賞」は、審査委員7名による慎重審議の結果、高橋香里「中世後期ノルウェー祭壇画群から考察する西洋初期油彩技法の研究」への授与が決まった。審査基準である「ポスターの質」「研究の内容・質」「プレゼンテーション」いずれにおいても優れていると判断された。とくに、限られた例ではあるが、油彩技法の特殊な用法についての新知見を明快な議論で分りやすく発表していた点が評価された。」