2012年9月8日若手交流セミナーのご案内

2012年9月8日(土)、京都女子大学において若手交流セミナーを開催いたします。「若手」に限らず関心のある方は奮ってご参加ください。(備考:西洋中世学会の会員でなくても参加できます。)

日時:2012年9月8日(土)13:00-18:00

場所:場所:京都女子大学(J校舎 5階524教室)

<会場までのアクセス>

http://www.kyoto-wu.ac.jp/access/index.html

<会場のキャンパスマップ>

http://www.kyoto-wu.ac.jp/student/campus/map/index.html

参加を希望される方は、このページ下部の参加申し込みフォームより登録していただくようお願いいたします。(セミナー参加申し込みの締め切り:9月1日)

「西洋中世学の伝え方―「薔薇の名前」の世界を語る―」

西洋中世学の研究成果を学生に伝える上で、どのようなハードルが存在しており、またいかなる手法が有効でしょうか。昨今、教育現場ではますます「伝える」技術が必要とされてきています。そこで本セミナーでは、試みに<ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』をネタに授業をするとしたら、どんな風に中世世界を語ることができるか>という切り口で、教育手法について考える機会をもつことになりました。現在高校や大学で教壇に立っているスピーカーに「授業」をしていただき、その内容をもとに参加者のみなさんと一緒に西洋中世学を伝える手法について考えていきます。高校の世界史・倫理と大学の西洋史・哲学史とをいかにつなぐかといった課題にも取り組みながら、「伝える」意味についてみんなで語り合いましょう。

トークセッション(13:00-15:45)

<歴史>
  • 村上司樹(大阪市立大学研究員/摂南大学非常勤講師)
  • 上田耕造(関西大学非常勤講師)
  • 倉田有里(桑名北高等学校)
<哲学>
  • 山口雅広(関西大学非常勤講師)

ラウンドテーブル(16:00-18:00)

セミナー終了後に懇親会を予定しています。ご都合の合う方はこちらにもぜひご参加ください。

懇親会(18:00-20:00)

(会費:2000円)

  • ※注記1:参加費200円を申し受けます。当日受付にてお支払いをお願いいたします。
  • ※注記2:本セミナーは「田尻記念若手支援基金」の助成を受けて運営されております。同基金は、2007年に逝去された故田尻雅士・大阪外国語大学助教授のご遺志をご遺族が汲まれ、若手研究者支援のために行った寄付に基づき設立されたものです。

主催:西洋中世学会若手交流セミナー実行委員会

問い合わせ先: 西洋中世学会若手交流セミナー実行委員会 jsmes.seminar2012@gmail.com

第4回大会(6月23/24日、慶應義塾大学)のお知らせ

————————————————-
①大会時の門の開閉について

・1日目の23(土)
 全ての門(正門、東門、北門、西門)が開門。
 東門自体の建物である会場の『東館』には、「東門」から直接お入りいただくことが可能です。
・2日目の24(日)
 警備上の理由で、「正門」のみ開門。それ以外は閉門。
 「正門」から会場へのアクセスは、遠回りになりますので、お早めにお出かけいただければ幸いです。
 大変ご不便をおかけしますが、何卒ご了承ください。

なお、会場へのアクセスとキャンパスマップは以下の URL からご覧ください。
http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html

両日とも多数の参加者が予定されております。
席の確保のためにも、お早めにお出かけいただくことをお勧めいたします。

②報告の中継放送について
自由論題報告および、シンポジウム報告は、 書籍展示とポスターセッションの会場がある建物『東館6階G-SEC Lab 』への中継放送を予定しています。
————————————————-

皆様

 西洋中世学会第4回大会を、6月23日(土)、24日(日)の両日にわたり、慶應義塾大学(三田キャンパス)を会場として開催致します。今大会では、自由論題報告とシンポジウムに加えてポスター・セッションが行われます。また慶應義塾大学所蔵の中世写本の展示も行われます。例年よりも盛り沢山の大会となりますので、ふるってご参加下さい。参加ご希望の方は、本ページ下部の「参加申し込みフォーム」に従って事前にお申し込下さい。6月4日(月)を参加申し込みの締め切りとさせていただきますが、会場準備の都合上、なるべく早くお申し込み下さるようお願い致します。
 会場地図とプログラムについては以下をご覧下さい。 また自由論題報告およびシンポジウムの報告要旨、またポスター・セッションの報告者・題目も以下のとおりHPに掲載しておりますので、参加ご希望の方はプログラム、要旨等をダウンロードして各自でお持ち下さい。

 大会参加費(会員1000円、非会員2000円)、懇親会費(6000円・学生3000円)、は当日受付にてお支払い下さい。学会ではお弁当など昼食の手配はしておりません。大会1日目は学内の施設を、2日目の昼食は周辺の店舗をご案内します。宿泊予約も会員各自でお願いします。
 なお、ポスター・セッションは、人文学系の学会ではまだあまり一般的ではない発表形式です。下記は、報告者向けに作成されたものですが、参加者の方も一読されるとポスター・セッションがどのようなものなのか、より理解しやすくなるでしょう。

 また、昨年夏に開催された「西洋中世学会 若手支援セミナー企画ポスター・セッション」の報告もご一読ください。

2011年度会員年間業績を公開しました

2011年度会員年間業績リスト(2011年1月-12月)を公開しました。
 広い意味での西洋中世(古代末期-近世、イスラーム、ユダヤ、中東アジアなども含む)に関する刊行された業績をお知らせいただいたものです(氏名=五十音順)。
なお、リスト作成に際しては、会員の皆様にお手数いただきました。お礼申し上げます。