活動記録

・会員年間業績
・その他一般

2017年度若手セミナー報告

 2018年1月20日(土)13時半より、同志社大学今出川キャンパスにて2017年度若手セミナー「古典再読:ハスキンズ『十二世紀ルネサンス』を読み直す」を開催いたしました。
当日は35名(内、学部・大学院生:10名)の方にご参加いただき、Ustream配信(報告部分のみ)でも常時10〜18人ほどご試聴いただきました。参加者の専門分野はやや歴史学に偏りがみられたものの、幅広い年代の方々にご参加いただき、『十二世紀ルネサンス』に対する様々な読み方を共有する機会となったと思います。
 以下では大学院生のお二人による参加記と当日のアンケートに寄せられた感想・コメントの一部をご紹介します。

【参加記1】


 「古典再読」と冠された2017年度西洋中世学会若手セミナーでは、西洋中世学の古典的名著であるハスキンズ著『十二世紀ルネサンス』をめぐり、様々な時代・地域を研究対象とする参加者により意見が交わされた。本セミナーは、参加者全員が事前に同書を読んでいることが前提とされ、当日は分野の異なる3名の研究者による報告と参加者によるディスカッションの2部構成で進められた。

前半の報告ではまず、小野氏の教会史研究の視点に基づいた報告が図師氏により代読され、それに対して赤江氏により充実したコメントが加えられた。その後、タカハシ氏は哲学史・科学史の視点から、岡北氏は15世紀イタリア建築という自身の研究対象に引き付けてそれぞれ報告を行った。中でもタカハシ氏の報告は、著作や翻訳の後代における受容の問題を取り上げるものであったが、ハスキンズが挙げた12世紀の代表的な「哲学者」たちによる偉大な学問的達成と、13世紀以後の哲学的伝統に対する彼らの影響とは慎重に区別した上で評価する必要があるという氏の指摘は興味深いものであった。

  続くグループ・ディスカッションでは、参加者が複数のグループに分かれ、実行委員の提示したトピックを参考にしつつ『十二世紀ルネサンス』について自由に話し合った。最初はぎこちなさもあったが、先生方の助けもあり、『十二世紀ルネサンス』を読んで感じたことをビザンツ・フランク・北欧・俗語文学など参加者の多様な関心から積極的に共有することができた。私にとってこの種のディスカッション形式は初めてだったが、大学院生が中心となって議論ができるというだけでなく、同じグループの先生方から意見をいただくことでより密な学びの場にもなるという点で有益であるように思われた。些末なことで一つ提案をするならば、名札があると仮に大学院生などが初めて参加する場合でもスムーズに議論に加わることができるのではないかと感じた。

 本セミナーは、『十二世紀ルネサンス』という名著を軸に、多様な研究者たちの「読み」を自身のものと比較することで、西洋中世史の広い枠組みにおける自身の専門領域の位置づけを直に感じることができたという点において、非常に刺激的なものであった。一参加者として、報告者や本セミナーを企画して下さった実行委員の方々に感謝申し上げると同時に、このような研究者間の活発な学問的交流の機会がさらに増えることを期待したい。

紺谷由紀(東京大学大学院)

【参加記2】


 2018年1月20日(土)、同志社大学にて、2017年度若手セミナー「古典再読:チャールズ・H・ハスキンズ「『十二世紀ルネサンス』を読み直す」が開催された。本セミナーでは、専門分野や研究対象の時代・地域によって異なる「古典」の読み方に接することに、主眼がおかれていた。

  最初に、実行委員長の松本先生から、日本における『十二世紀ルネサンス』の受容についての整理があったうえで、本企画の趣旨説明がなされた。次に、歴史・哲学・建築をそれぞれ専門とする3人の研究者による個別報告があったのち、パネルディスカッション、そしてグループディスカッションがおこなわれた。

 パネルディスカッションにおいては、各報告者への個別の質疑に加え、12世紀を研究する上での史料上の制約により個人に注目しがちな傾向があることや、『十二世紀ルネサンス』のもつイデオロギー性についてなど、全体にかかわる論点が提示された。これを受けて、グループディスカッションに移った。
個人的には、このような学問的な集まりの場で、グループディスカッションに参加したのは初めての経験であった。フロア全体での討論とは別に、それに対する各自の意見や、各々が従事している研究内容にもとづくコメントをかわすことができたのは新鮮だった。最後に、各グループでの討論の内容が全体に共有されたさいには、それぞれに異なる多様な議論の内容を垣間見ることができ、興味深かった。

 グループディスカッションの試みにかんして、改善の余地があると思われた点を1点だけ述べさせていただきたい。それは、周囲にいる参加者とグループをその場で作る形式であったため、メンバーに専門分野や世代の偏りが生じてしまったように感じられたという点である。若手セミナーとしての性質、およびさまざまな学問分野の集合体であるという西洋中世学会の利点を活かすためにも、これらの偏りをできるだけ回避することによって、より自由で刺激的な学問的交流の機会になりうるのではないかと思った。

 今回対象となっていたハスキンズ『十二世紀ルネサンス』は、各専門分野における読み方の違いに触れ、現在の研究状況にもとづく知見を共有するうえで、非常に効果的なテキストであったように感じた。学際的な集まりとしての西洋中世学会の強みを実感し、有意義な時間を過ごすことができた。

藤田風花(京都大学大学院)

【参加者の感想(アンケートより抜粋)】


■全体について

  • 視野を広げる機会になった。
  • ハスキンズの本は今回初めて読んで多くの示唆を受けた。ただ、「タコ壺化の打破」を目指した企画だが、いかにそれが難しいかも示していた(とくに報告者と質問者のやりとりなど)。
  • 文化史・社会史的な本ばかり読んでいて、それ以前の政治史的・経済史的な、現在の先生方が自明・前提としている議論を知らない/少し聞きかじっているだけの場合も多いので、読書量と幅を広げるべきだと思った。
  • 自分の専門とする時代と直接は関わらないが、同様のテーマに関心があるので勉強の機会になってよかった。自分一人では出てこないような複数の読み方に触れることができたのは、とくに本学会の特質があればこそだと思った。
  • 数少ない近現代研究者として参加したが、専門の枠を越えて興味深い議論を楽しむことができた。各専門家の批判的読解は示唆に富むものだったが、歴史叙述や史学史について(ハスキンズ、8章)扱うと、より幅広い専攻の人が楽しめたと思う。

■グループディスカッションについて

  • 色々な分野の人の意見が聞け、自分の関心の話もできてよかった。
  • グループに様々な分野・年代の人がそろうよう事前に分けた方がよいのではないか。

■今後も「古典再読」を続けるなら…

  • とても勉強になったので、学部生も気軽に参加できるよう呼びかけがあるとよかった。
  • 取り上げてほしい古典:
  • アナール派や地域史
  • バフチンのラブレー論
  • ピレンヌ
  • H. ホワイト『メタ・ヒストリー』
  • 『十二世紀ルネサンス』のように、様々な時代/分野の人間が議論に参加できるもの

2014年度会員年間業績リストを公開しました

2014年度会員年間業績リスト(2014年1月-12月)を公開しました。
 広い意味での西洋中世(古代末期-近世、イスラーム、ユダヤ、中東アジアなども含む)に関する刊行された業績をお知らせいただいたものです(氏名=五十音順)。
なお、リスト作成に際しては、会員の皆様にお手数いただきました。お礼申し上げます。

2014年度若手セミナー(2014年10月18日)参加記を掲載しました

 2014年度の若手セミナーは、2014年10月18日(土)に京都女子大学で開催されました。
 今回の若手セミナーは「西洋中世学で読み解く最後の晩餐」をテーマとして、美術史・哲学・文学・史学・音楽の各分野からそれぞれに「最後の晩餐」というモチーフとどのように向き合うかを改めて問い直し、その個性を紹介することを目的としました。中世器楽の演奏もあり、会場全体によるグループワークがディスカッションとともに行われて、総勢80名におよぶ参加者が報告者と一体となってセミナーをたのしむ様子がうかがえました。
 ここでは、参加いただきました大学院生ほかの方々による参加記を掲載いたします。

[参加記]


 今回「最後の晩餐」にまつわる5つの発表を聞かせていただいて、歴史的観点以外にも、音楽や文学といった多方面の分野から中世ヨーロッパについて学ぶことがきでました。まず、宮下氏の「最後の晩餐」と食の関連については、内容を踏まえた映像資料を多数提示していただき目で見て楽しめる発表でした。これまで「最後の晩餐」を目にしたとき、ユダによる裏切りに焦点を当てがちでしたが、これからは、西洋絵画における食事そのものの教訓的意味合いにも注目していきたいと思います。

 続く大貫氏による発表では、修道士たちが、規定においては12人という数を明確に記すことで新約聖書を模倣し、日々の生活では、パンやワインを食することで「最後の晩餐」への模倣を実践していたことを明らかにしていただきました。そこには「最後の晩餐」の多大なる影響力を感じ取ることができました。

 三番目の山口氏と辻内氏の発表では、「最後の晩餐」からパンとワインを引き合いにだし、その付帯性について、神学と哲学の間での論争を分かりやすく説明していただきました。哲学はなかなか普段触れられない分野なだけあって、実に新鮮に拝聴致しました。
また近藤氏による演奏会は、中世の音楽を生で聞くことができ、中世の人々の生活の一端に触れられた気がしてとても興味深かったです。特に、4曲目の「A aue avondou do vinno」は陽気で、私たちもとても楽しく参加させていただきました。

  そして小宮氏による発表については、今まで”円卓”と聞いて、単純に丸いテーブルをイメージしていましたが、それが世界や組織を象徴するなど、様々な解釈が存在することを知りました。「最後の晩餐」のテーブルもダヴィンチの描いた長方形のものを想像しがちですが、中世初期ではアーサー王と同じく丸いテーブルであり、そこに関連性があったとは思いませんでした。

 さらに今回、討論にも参加させていただき、これだけ多くの学問分野の研究を共有することができ、有意義な時間を過ごすことができました。

三谷真里奈・森本奏惠(京都女子大学大学院)


 2014年10月18日、京都女子大学にて「西洋中世学で読み解く『最後の晩餐』」と題する若手向けのセミナーが開催された。ここでは、その内容を簡単に紹介した上で、会場の雰囲気や個人的な感想を述べたい。

 本セミナーは、西洋中世を通じて重要な意味を保ち続けた「最後の晩餐」をテーマに、様々な分野の研究者がプレゼンを行い、参加者全体を巻き込んだ自由な議論を交わそうという意図で開かれたものである。プログラムは、6人の報告者がプレゼンテーション5本を行う前半と、各報告者が提示した「問い」を中心にフロア全体で質疑を行う後半に分かれていた。

 5本の報告が終了した後、後半の全体質疑に入った。質疑は、参加者が複数のグループに分かれて提示された「問い」について話し合った後、その内容を整理し、改めて報告者に見解をぶつけるという、いわばグループ・ディスカッションのような形式を採っていた。単純に参加者同士その場で意見交換ができるという点はもとより、「挙手して発言する程ではない些細な疑問や意見」をグループ内で気軽に話し合えるという所が、この討議形式の最大のメリットであるように感じた。時間目一杯まで話が尽きなかったことから、ほかの参加者もこの方式に肯定的な感想を抱いていたのではなかろうか。

 初期ビザンツ史を専攻する私は、専門外の領域である本セミナーのプレゼンを理解できるか少なからぬ不安を抱いていた。しかし、いずれの報告もシンプルかつ論点が明確で、私のような門外漢であってもしっかりと報告内容についていくことができた。結果として、本セミナーへの参加は私にとって非常に刺激的な体験となった。このような機会へお誘いいただいた大阪市立大学の草生久嗣先生と、運営に携わった実行委員の方々への感謝の言葉を以って、この参加記の結びとしたい。

渥美創(京都府立大学大学院)


以上です。次回以降の若手セミナーも、どうぞよろしくお願いいたします。

2013年度会員年間業績リストを公開しました

2013年度会員年間業績リスト(2013年1月-12月)を公開しました。
 広い意味での西洋中世(古代末期-近世、イスラーム、ユダヤ、中東アジアなども含む)に関する刊行された業績をお知らせいただいたものです(氏名=五十音順)。
なお、リスト作成に際しては、会員の皆様にお手数いただきました。お礼申し上げます。

1 / 512345