ヨハネス・プライザー=カペラー博士・エカテリーニ・ミツィウ博士 連続講演会・シンポジウム

 2019年11月に立教大学招へい研究員としてヨハネス・プライザー=カペラー博士を、科研費招聘研究員としてエカテリーニ・ミツィウ博士のご夫妻を招聘する。それに伴い立教大学・北海道大学・大阪市立大学において連続講演・カンファレンスを行う。
 プライザー=カペラー博士は1977年オーストリア生まれ。ウィーン大学で2006年に博士号を取得し、オーストリア科学アカデミーのビザンツ研究部門で専任研究員をつとめる。専門はビザンツ帝国史、環境史、中世グローバルヒストリー、ディジタルヒストリー。主要著作に『後期ビザンツ帝国の司教座制度』(Der Episkopat im späten Byzanz. Ein Verzeichnis der Metropoliten und Bischöfe des Patriarchats von Konstantinopel in der Zeit von 1204 bis 1453, Saarbrücken, 2008)ならびに『ローマとカール大帝の彼方』(Jenseits von Rom und Karl dem Großen. Aspekte der globalen Verflechtung in der langen Spätantike, 300-800 n, Vienna, 2018)など多数。
 エカテリーニ・ミツィウ博士は1973年ギリシア生まれ。ウィーン大学で2008年に博士号を取得後、現在は、オーストリア学術アカデミーならびにゲッティンゲン学術アカデミーの研究員をつとめる。専門はビザンツ帝国の女子修道制ならびに環境史。主要編著に『皇帝ジギスムンドと正教世界』(Emperor Sigismund and the Orthodox World, Vienna, 2010)『中世東地中海の女性と修道制』(Women and Monasticism in the Medieval Eastern Mediterranean: Decoding a Cultural Map, Athens, 2019)など多数。

 お問い合わせは小澤宛へ(m-ozawa@rikkyo.ac.jp)。

Lectures and Conferences Programme (English)

連続講演会・シンポジウム プログラム(日本語版)

 

“ヨハネス・プライザー=カペラー博士・エカテリーニ・ミツィウ博士 連続講演会・シンポジウム” の続きを読む

2019年度都市史学会大会のお知らせ

日時 2019年12月14日(土)、15日(日)
会場 青山学院大学青山キャンパス14号館12階大会議室
◆12月14日(土)
13:00~15:00 研究発表会 司会 小島見和
15:15~16:15 総会(会員のみ)
16:30~18:00
基調講演 桜井万里子(東京大学名誉教授)「ポリスとは何か」
紹介・司会 樺山紘一(印刷博物館館長・東京大学名誉教授)
18:30~21:00 懇親会 アイビーホール・フィリア 参加費6000円 学生5000円
◆12月15日(日)
「歴史のなかの現代都市」 14号館12階大会議室
【趣旨】われわれがふだん生活し活動している拠点は多くの場合、現代の都市である。現代はつねに進行形として推移していくので、過去との連続/断絶がどのように起きているのかを明らかにすることは難しい。歴史的時代区分として古代、中世、近世、近代については多少の幅があるものの多くの研究者のあいだで一定の共通認識がすでに定着していると言ってよいが、近代と現代の境目や歴史全体のなかの現代という時代を特定する指標を明示することはきわめて困難である。

 今回の都市史学会の大会ではさまざまな時代や地域を専門とする研究者が一堂に会し、みずからの専門領域の研究を通して、現代都市を浮かび上がらせることが目標である。現代都市そのものを論ずるのではなく、それぞれの時代や地域に立脚して歴史のなかから現代都市を逆照射することを試みる。過去に存在した何らかの都市的要素のなかで現代都市に継承されているもの、あるいは断絶してしまったものを意識化することによって、われわれが現在日々体験しているにもかかわらず、よくわからない現代という時代、あるいは現代都市を考えるひとつのきっかけにしたい。

大会ポスター 大会プログラム

 

“2019年度都市史学会大会のお知らせ” の続きを読む

2019年度若手セミナー「西洋中世学研究者のためのデジタル・ヒューマニティーズ入門(仮)」

日時:2020年3月12日(木)午後
場所:東京大学本郷キャンパス 経済学研究科学術交流棟(小島ホール)1F第2セミナー室

概要:情報通信技術の発達は人文学研究にも大きな影響を及ぼし、デジタル・ヒューマニティーズという研究領域が広がりをみせています。もちろん西洋中世学研究も、この影響と不可分の関係にあります。この若手セミナーでは、史資料のテクストに人文学的解釈を付与しながらコンピュータが処理できる形式でデータ化するTEI(ティーイーアイ)、およびデジタルアーカイブ間での画像の相互運用を促進することで史資料の閲覧体験を刷新するIIIF(トリプルアイエフ)という、テクスト・画像それぞれに関わる国際的枠組みを中心として、西洋中世学にデジタル技術を適用するための基礎を学ぶことを目的とします。さらに、このようなデジタル技術が人文学の営みをどのように変えていく/いかないのかについて、みなさんと議論できればと考えています。
※参加者にはご自身のPCを持参していただきます。コンピュータ技術に関する予備知識は必要ありません。

共催:
歴史家ワークショップ
Tokyo Digital History