国際シンポジウム Religion and Violence in Medieval and Early Modern Europe 開催のお知らせ

早稲田大学プロジェクト研究所 ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所、基盤研究(B)「中近世キリスト教世界における宗教と暴力-対立と和解のポリティクス-」、基盤研究(B)「中近世ヨーロッパにおける「正しい認識力」観念の変遷」が共催する国際シンポジウムのお知らせをいたします。

日時:2019年11月10日(日)午後1時30分-午後5時30分
場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館6階第七会議室

プログラムは以下です。

“国際シンポジウム Religion and Violence in Medieval and Early Modern Europe 開催のお知らせ” の続きを読む

シンポジウム「中世における光とカタチ」開催のお知らせ

日時:2019年11月30日 13時30分~18時30分
場所:清泉女子大学四号館410教室

プログラム:
13:30-13:40 宮本久雄(東京純心女子大学) 挨拶・趣旨説明

第一部 光におけるカタチ
13:40-14:20 樋笠勝士(岡山県立大学)「光の形而上学/光の美学」(仮)
14:25-15:05 鐸木道剛(東北学院大学)「光からカタチへ:受肉と可視化」

第二部 カタチにおける光
15:10-15:50 金沢百枝(東海大学)「光と受肉 アダムの創造と受胎告知」
15:55-16:35 高野禎子(清泉女子大学)「薔薇窓の光とカタチ」
16:35-16:50 休憩

第三部 シンポジウム
16:50-18:30 相互コメント・フロア質疑等

主催:基盤研究(B)「古典教父研究の現代的意義―分裂から相生へ―」    (研究代表者:宮本久雄)
共催:清泉女子大学大学院思想文化専攻

【西洋中世学ニュース】ワークショップ「近世オランダにおけるカトリックの生存戦略」開催のお知らせ

このたび、以下の通りワークショップ「近世オランダにおけるカトリックの生存戦略」を開催する運びとなりました。

「近世オランダにおけるカトリックの生存戦略」
上智大学中世思想研究所主催/神学・哲学史研究会共催/Sophia Open Research Weeks 2019参加企画

日時:2019年11月19日(火)18:30-20:30

18:30-18:35 所長挨拶 佐藤直子
18:35-18:40 趣旨説明 加藤喜之(立教大学文学部准教授・当研究所準所員)
18:40-19:40 ご講演「近世オランダにおけるカトリックの生存戦略」
安平弦司(日本学術振興会特別研究員CPD)
19:40-19:55 休憩
19:55-20:30 全体討議 司会:阿部善彦(立教大学文学部准教授・当研究所準所員)

会場:上智大学四谷キャンパス中央図書館9階911教室
開催:上智大学中世思想研究所主催/神学・哲学史研究会共催
上智大学研究機構「Sophia Open Research Weeks 2019」参加企画
HP:https://dept.sophia.ac.jp/is/imdthght/
連絡先:上智大学中世思想研究所
imdthght@sophia.ac.jp
03-3238-3822

※入場無料、事前参加申込不要。中世思想研究者のみならず他分野の研究者の方、学生の皆様、一般の皆様のご参加も歓迎いたします。