西洋中世学ニュース

西洋中世学に関するイベント等の情報をお寄せください。
サイトトップおよびこのページのフォームから投稿できます。

事務局で掲載の可否を確認ののち、問題ない場合に掲載します。

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所 第九回シンポジウムのお知らせ

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所 第九回シンポジウムのお知らせをいたします。
「早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ〈新しい世界史像の可能性〉」との共催になります。

日時:2018年9月22日(土)14:00~17:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス39号館6階第七会議室

タイトル:「ルネサンス期ヨーロッパにおける魔女表象と社会の変容」

  司会:高津秀之 (東京経済大学准教授)

  報告1: 黒川正剛 (太成学院大学教授)
「変容する魔女表象―身体と感情をめぐって」

  報告2: 田島篤史(大阪市立大学都市文化研究センター研究員)
「帝国都市ニュルンベルクの魔女裁判にみる悪魔学的要素と萌芽的近代性」

  報告3: 小林繁子 (新潟大学准教授)
「名誉をめぐる攻防―「魔女」の名誉棄損訴訟と司法利用の戦略」

皆様のご参加をお待ちしております。

「迷える子羊たちへ~論文執筆の処方箋~」​開催のお知らせ

歴史家ワークショップ主催イベント
迷える子羊たちのために 論文執筆の処方箋

企画趣旨

研究におけるゴールは、論文の執筆や学会発表というかたちで明示することが挙げられるでしょう。しかし、ここに至るには常に思考を反復しなければならず、わたしたちは試行錯誤を繰り返しています。このなかで、わたしたちはどのようにアイディアを育てているのでしょうか?
そこで、参加型のプログラムを企画しました。
西洋史研究者とアウトライン・ライティングの専門家より、執筆の過程について、どのようなことを問題と感じ、どう対処してきてこられたのか、失敗談を交えてお話しいただきます。
また、みなさんが研究を進めるときの試行錯誤についてグループ・ディスカッションし、それがどのような形になるのか分類・言語化します。これを通じて、論文執筆の方法を探っていきましょう。
人数を把握するため、登録フォームよりご登録をお願いいたします。

【日時・場所】

2018年9月9日(日)14:00~17:45

東京大学本郷キャンパス 小島ホール1F 第2セミナー室

【講師プロフィール】

隠岐さや香(OKI Sayaka)
名古屋大学経済学研究科 教授
科学史研究。18世紀西洋を中心に、科学の専門職業化、理工系・人社系の分岐など、学術の営みがいかなる制度や境界を作り出したかを調べている。著書に『科学アカデミーと「有用な科学」』『文系と理系はなぜ分かれたのか』など。

青谷秀紀(AOTANI Hideki)
明治大学文学部 准教授
京都府出身。専門は中世ヨーロッパ史、史学史。著書に『記憶のなかのベルギー中世』(京都大学学術出版会、2011年〔単著〕)、『コミュニケーションから読む中近世ヨーロッパ史』(ミネルヴァ書房、2015年〔共著〕)など。

Tak.(たく)
ライター/リサーチャー
アウトライン・プロセッシングのエバンジェリスト。知的生産・執筆からタスク管理、買い物リストまで「文章を書き、考える」あらゆる用途でのアウトライン・プロセッシングを探求。著書『アウトライン・プロセッシング入門』他。

参加登録はこちらからお願いいたします。

https://goo.gl/7oEgsY

※定員は45名です。

※ご参加にあたってサポートを必要とされる場合は、その内容について以下のお問い合わせ先までお申し出ください(8月31日まで)。

お問い合わせ先

纓田宗紀(東京大学大学院西洋史学研究室博士課程)

soki.oda@gmail.com

Early Career Workshop スピーカー募集のお知らせ

2018/10/12
Early Career Workshop
’Future research in the history of financial behaviour’
スピーカー募集のお知らせ

2018年10月12日(金)、13日(土)に、イギリスとオランダから 18世紀ヨーロッパの専門家を招聘して、国際シンポジウム’Future research in the history of financial behaviour’を開催します。一日目の10月12日(金)には、若手研究者によるワークショップを開催する運びとなりました。

セミナーでは、近い将来に英語での論文投稿や学会発表を予定している若手研究者の研究内容を、検討・議論することを予定しております。希望者には、発表原稿を招聘研究者に回覧し、ライティングや構成についてフィードバックを受けるサポートを用意しています。事前の回覧のうえでフィードバックを得ることで、ライティングスキルが向上し、今後の発表にも自信をもって臨むことができるでしょう。

現在、セミナーでのスピーカーを募集しております。大学院生もしくは博士号取得後8年以内の方からの募集を受け付けています。近世・近代ヨーロッパ(ca. 1500-1850年)の金融史関連の問題を、金融史・経済史はもちろん、社会史・思想史・科学史・美術史・文学史・都市史などからのアプローチで研究なさっている方が対象となります。経済・金融政策の実証研究だけでなく、例えば「文学作品のなかのリスクの概念」、「美術作品におけるギャンブルの表象」、「投資と確率論」など、対象を幅広く設定しておりますので、関心のある方は、まずはお問い合わせのみでもぜひご連絡ください。

詳細は以下をご参照ください。皆様のご応募をお待ちしております。もちろん、聴衆としてのご参加も歓迎いたしますので、ぜひ足をお運びください。

<セミナー概要>
Early Career Workshop ’Future research in the history of financial behaviour’
日時:2018年10月12日(金)13:30~18:00(予定)
場所:東京大学本郷キャンパス小島ホール(予定)
使用言語:英語
報告予定時間:一人20分(+20分のQ&A)

<来日がすでに決定している招聘研究者>
Inger Leemans
アムステルダム自由大学・文化史:https://research.vu.nl/en/persons/inger-leemans
Anne Murphy
ハートフォードシャー大学・金融史:https://annelmurphy.wordpress.com/about/
Helen Paul
サウサンプトン大学・経済史:https://www.southampton.ac.uk/socsci/about/staff/hjp.page

<募集要項>
募集人数:4名程度。応募者多数の場合は選考を行います。
対象者:原則として1500~1850年のヨーロッパ金融に関わる分野を研究する大学院学生もしくは博士号取得8年以内の研究者
応募書類:CV(形式自由)、報告タイトルおよびアブストラクト(150~250words)
応募締切:2018年8月10日(金)17時 
※メールの件名を「10月12日ワークショップ発表希望」として以下の送付先(2名)にお送りください。

お問い合わせ・書類送付先:
纓田宗紀 soki.oda@gmail.com (東京大学経済学研究科リサーチ・アシスタント)
山本浩司 kyamamoto@e.u-tokyo.ac.jp (東京大学経済学研究科講師)

第6回リサーチ・ショーケース開催のご案内

6th Research Showcase
日時:2018年7月27日(金) 17:30~20:30
会場:東京大学本郷キャンパス小島ホール1階 第1セミナー室
地図:http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/about/access/campusmapj.pdf
フォーマット:一人あたり、発表8分+質疑応答7分
使用言語:英語
参加費:無料

Historians’ Workshopでは、外国語で学問的コミュニケーションを行う機会を提供するため、リサーチ・ショーケースを開催してきました。
発表・質疑応答をすべて外国語で行うことで、発表者・参加者の双方が外国語での学問的コミュニケーションを実践することができます。
第6回となる今回は、講評者として太田淳先生(慶應義塾大学)を招き、使用言語を英語に限定して開催します。
英語での発表スキルの向上をめざす全ての歴史研究者に開かれた会にしたいと考えています。
※過去のリサーチ・ショーケースについては、以下のサイトをご覧ください。
https://historiansworkshop.org/category/research-showcase/

【発表一覧】
Shaun Yajima (University of Tokyo)
From Competition to Cooperation: The Formation of a Coal Cartel in late Nineteenth-Century Germany

Marina Kataoka (Okayama University)
Guilds and Fraternities in Medieval Cologne: Their Contribution to the Urban Community

Andrea Arashi Tanosaki (University of Tokyo)
Composition and Function to the Court of Queen Eleanor of Aquitaine

Haruka Hirano (Kyoto University)
Writing about “My” Own Life: Autobiographies in Late Eighteenth-and Early Nineteenth-Century England

Maio Nagashima (University of Tokyo)
A “Prophetic Ox” in Cath Catharda: The Literary Tradition of the Pagan Roman Topos in Medieval Ireland

Tagen Haga (International Christian University)
Intermarriages in Seventeenth-Century Virginia: Norms, Practices and Regulations in a Colonial Society

Mio Tomiyori (Kyoto University)
Okinawan Ceramics in Modern Art History

【連絡先】
小風尚樹
xiao3feng10324@yahoo.co.jp
槙野翔
show.you.macky@gmail.com

2 / 6212345...Last »