西洋中世学ニュース

西洋中世学に関するイベント等の情報をお寄せください。
サイトトップおよびこのページのフォームから投稿できます。

事務局で掲載の可否を確認ののち、問題ない場合に掲載します。

ジョージア(グルジア)史国際セミナー

科研費基盤研究(B)「ユーラシア諸帝国の形成と構造的展開 ──王権と軍事集団の比較史的研究──」主催
ジョージア(グルジア)史国際セミナー

科研「ユーラシア諸帝国の形成と構造的展開」(研究代表者・杉山清彦〈東京大学〉)では,ジョージア(グルジア)から3名の若手研究者を招聘して,公開国際セミナーを開催します。中近世コーカサス史・キリスト教史を専題とする,日本では稀有な機会ですので,ご関心がおありの方はぜひご参加ください。

東京大学中東地域研究センター(UTCMES)共催 東京セミナー:3月25日(日)14時30分~18時
カルケドン派と非カルケドン派の境界地帯:ジョージア/グルジア中近世豪族研究の新潮流
International Seminar on the History of Georgia “On the Border of Chalcedonian and non-Chalcedonian: New Perspective on the History of Medieval Georgian Nobles”
会 場 東京大学駒場キャンパス 18号館4階 コラボレーション・ルーム1
講演者・報告題目
アレクサンドレ・ボシシュヴィリ Aleksandre Boshishvili(トビリシ国立大学)
「メリキ職の起源と就任した家系に関する研究」
“On the Origin and the Activities of Meliks (Melikishvili Family)”
タマズ・ゴゴラゼ Tamaz Goguladze(ジョージア写本センター/イリア国立大学)
「17・18世紀におけるバラタシュヴィリ=アバシシュヴィリ一族の政治・宗教活動」
“On the Political and Religious Activities of Baratashvili=Abashishvilis in 17-18th Centuries”
オクロピリ・ジクリ Okropiri Jikuri(トビリシ国立大学)
「中世ジョージアにおける宗教活動について:歴史史料としてのグラニ写本」
“On the Religious Activities in Medieval Georgia: Gulani Manuscripts as a Historical Source”

神戸セミナー:3月28日(水) 14時~17時30分
ジョージア/グルジア中近世豪族と周辺諸勢力との関係:カルトリ王に対する諸反乱再考
International Seminar on the History of Georgia “Georgian Landed Nobility and Neighboring Powers: “Revolts in the Kartli Kingdom” Reconsidered”
会 場 神戸大学大学院人文学研究科 A棟1階 学生ホール
講演者・報告題目
アレクサンドレ・ボシシュヴィリ Aleksandre Boshishvili(トビリシ国立大学)
「対ロストム王反乱におけるソラガシュヴィリとメリキシュヴィリ一族の対応」
“Solaghashvilis and Melikishvilis’ Reaction to the Revolt against Vali-King Rostom”
タマズ・ゴゴラゼ Tamaz Goguladze(ジョージア写本センター/イリア国立大学)
「17世紀前半カルトリ王位をめぐる争いとノダル・ツィツィシュヴィリの役割」
“Struggles for the Kingship of Kartli Kingdom and the Role of Nodar Tsitsishvili”
オクロピリ・ジクリ Okropiri Jikuri(トビリシ国立大学)
「中世におけるジョージア国外における宗教・啓蒙活動拠点(アトスほか)──ネットワークと遺産」
“Georgian Religious Bases Abroad (Athos and Others) in the Medieval Period: Networks and its Legacy”
司 会 :前田 弘毅(首都大学東京准教授)
*両会場とも事前登録不要,聴講自由
*使用言語:ジョージア(グルジア)語報告または英語報告,および日本語通訳
*問合せ先:杉山 清彦(研究代表者・東京大学准教授)ksugiyam[at]ask.c.u-tokyo.ac.jp
(アドレスの [at] を @ にしてスペース等を詰めてご使用ください)

松村剛先生学士院賞・恩賜賞受賞

松村剛先生が学士院賞・恩賜賞受賞を受賞なさいました。先生のご業績に改めて敬意を表すると共に、心よりお祝い申し上げます。なお、先生が2016年に受賞なさったアカデミー・フランセーズのGrand Prix de Francophonie (フランス語圏大賞)授賞式の模様は、YouTubeでご覧になれます(4分50秒頃から):https://www.youtube.com/watch?v=jq7wsk4Hixs

田辺めぐみ

                               

ハイデルベルク大学 校友会交流会・ネットワーク会議

ハイデルベルク大学はこの度、国際校友会の日本支部正式発足を記念し、京都にて全国交流会および研究者ネットワーク会議を開催いたします。

日時 2018年4月14日(土)~4月15日(日)
場所 京都大学

日本語版プログラム
http://www.alumni.uni-heidelberg.de/hajp/down/Japan2018_Programm_Web_gesamt_final_jp.pdf

詳細につきましては、下記のページをご覧ください。
4月14日(土) 日本校友会全国交流会
http://www.alumni.uni-heidelberg.de/hajp/jp/hajp_clubgruendung.html
対象:ハイデルベルク大学出身者、または留学経験をお待ちの方

4月15日(日) 第四回研究者ネットワーク会議
http://www.alumni.uni-heidelberg.de/research_treffen_2018_japan_jp.html
対象:ハイデルベルク大学で博士号を取得された方、または本校で客員研究員としての研究経歴をお持ちの方

参加お申し込みは3月31日までに上記HPよりお願いいたします。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

講演会「原罪は人間に何をもたらしたのか」

講演会「原罪は人間に何をもたらしたのか」開催のお知らせ

このたび上智大学中世思想研究所主催で下記の講演会を開催することとなりました。

「原罪は人間に何をもたらしたのか―トマス・アクィナスとドゥンス・スコトゥス―」

日時:2018年3月3日(土)13:20-16:50(開場13:00)
会場:上智大学四谷キャンパス2-509教室(2号館5階)
連絡先:上智大学中世思想研究所 imdthght@sophia.ac.jp/03-3238-3822

講演者1:山口雅広(龍谷大学)
演題:トマス・アクィナスにおける原罪と救済の意味について
講演者2:辻内宣博(東洋大学)
演題:ドゥンス・スコトゥスにおける原罪と倫理
コメンテーター:矢内義顕(早稲田大学)
質疑応答・司会:佐藤直子(当研究所所長)

※入場無料。事前参加申込は不要です。
※中世思想研究者のみならず他分野の研究者の方、学生の皆様、一般の皆様のご参加も歓迎いたします。
※当日は新宿通り沿いの北門が閉まっておりますので、外堀沿いの正門よりお越しください。

詳細は中世思想研究所Webサイト(下記URL)をご覧ください。
http://imdthght-sophia.sakura.ne.jp/

5 / 62« Top...34567...Last »