講演会「スペインにお​ける都市計画・観光地​理学・言語政策」

 このたび、地理学研究において国内外で高い評価を得ている、スペインのサンティアーゴ・デ・コンポステーラ大学Universidad de Santiago de Compostela(以下、USC)の地理学スタッフに、EU圏の地域研究や言語政策についての最新の研究成果を九州大学で報告してもらうことになりました。

【日時】平成25年8月8日(木)14:00-17:30

【場所】九州大学西新プラザ 2階 大会議室
http://www.kyushu-u.ac.jp/university/institution-use/nishijin/

講演プログラム
14:00-15:00 バレリア・パウルVALERIÀ PAÜL(USC 研究員)
“A critical language geography of contemporary Spain. Spaces, policies and education models”
「現代スペインにおける言語地理的問題:空間、政治と言語教育モデル」

15:10-16:10 ルベン・ロイスRUBÉN LOIS(USC 地域地理学主任教授)
“Urban spaces and historic sites in the cities of Spain”
「スペインの都市における都市空間と歴史的旧市街」

16:20-17:20 ショセ・サントスXOSÉ SANTOS(USC 教授・観光学研究所所長)
“The Way to Santiago, a successuful touristic product”
「人気観光商品としての世界遺産サンティアーゴ・デ・コンポステーラ巡礼路」

なお、報告はすべて英語で行われます。
ご関心をお持ちの方は、ぜひご自由にご参加ください。

ご質問等のある方は、九州大学言語文化研究院 阿部俊大(th-abe@flc.kyushu-u.ac.jp)までご連絡ください。

「中世のアイデンティティ」:第8回日韓西洋中世史研究集会

皆様

 第8回日韓西洋中世史研究集会を、8月21日(水)、22日(木)の両日にわたって慶應義塾大学(三田キャンパス)を会場として開催いたします。参加資格は不要、また参加費は無料となっております。ふるってご参加下さい。当日の報告は英語で行われますが、討論の際には通訳がつきます。
 会場地図とプログラムについては以下をご覧下さい。

第8回日韓西洋中世史シンポジウム準備委員会

A.クラッセン氏講演会のご案内

 関西中世史研究会では、現在立教大学に招聘研究員として滞在中のアルブレヒト・クラッセン教授(アリゾナ大学)をお招きし、下記のとおり講演会を開催することとなりました。

クラッセン教授は Handbook of Medieval Studies: terms, methods, trends (De Gruyter, 2010) を初めとし、中世文化にかんする多数の編著書をお持ちです。

今回の講演では、中世ヨーロッパの多言語社会としての側面についてご講演いただきます。ご関心をお持ちの方は、ぜひご自由にご参加ください。

【日時】 2013年6月30日(日)午前 10時~12時
【場所】 京都大学文学部新館2階 第3演習室
【講演】 アルブレヒト・クラッセン(Albrecht Classen)氏(アリゾナ大学教授)
 ” Communication and Multilingualism in the Middle Ages:
  How Did People Communicate with Each Other?”

※ チラシPDFは下記URLよりダウンロードできます。
http://goo.gl/q0cWh

※ 講演は英語でおこなわれます。
 事前に資料をご希望の方は、以下までご連絡ください。
 関西中世史研究会:medieval.study[アット]bun.kyoto-u.ac.jp
 事務担当 松本涼:Twitter @syk_matsumoto

※ なお、クラッセン氏は今週末の立教大学のシンポジウムでも講演されます。
http://www.rikkyo.ac.jp/events/2013/06/12742/

事務担当 松本涼
***
〒606-8501
京都市左京区吉田本町
京都大学文学部西洋史研究室内
関西中世史研究会
***