2012年9月8日若手交流セミナーのご案内

2012年9月8日(土)、京都女子大学において若手交流セミナーを開催いたします。「若手」に限らず関心のある方は奮ってご参加ください。(備考:西洋中世学会の会員でなくても参加できます。)

日時:2012年9月8日(土)13:00-18:00

場所:場所:京都女子大学(J校舎 5階524教室)

<会場までのアクセス>

http://www.kyoto-wu.ac.jp/access/index.html

<会場のキャンパスマップ>

http://www.kyoto-wu.ac.jp/student/campus/map/index.html

参加を希望される方は、このページ下部の参加申し込みフォームより登録していただくようお願いいたします。(セミナー参加申し込みの締め切り:9月1日)

「西洋中世学の伝え方―「薔薇の名前」の世界を語る―」

西洋中世学の研究成果を学生に伝える上で、どのようなハードルが存在しており、またいかなる手法が有効でしょうか。昨今、教育現場ではますます「伝える」技術が必要とされてきています。そこで本セミナーでは、試みに<ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』をネタに授業をするとしたら、どんな風に中世世界を語ることができるか>という切り口で、教育手法について考える機会をもつことになりました。現在高校や大学で教壇に立っているスピーカーに「授業」をしていただき、その内容をもとに参加者のみなさんと一緒に西洋中世学を伝える手法について考えていきます。高校の世界史・倫理と大学の西洋史・哲学史とをいかにつなぐかといった課題にも取り組みながら、「伝える」意味についてみんなで語り合いましょう。

トークセッション(13:00-15:45)

<歴史>
  • 村上司樹(大阪市立大学研究員/摂南大学非常勤講師)
  • 上田耕造(関西大学非常勤講師)
  • 倉田有里(桑名北高等学校)
<哲学>
  • 山口雅広(関西大学非常勤講師)

ラウンドテーブル(16:00-18:00)

セミナー終了後に懇親会を予定しています。ご都合の合う方はこちらにもぜひご参加ください。

懇親会(18:00-20:00)

(会費:2000円)

  • ※注記1:参加費200円を申し受けます。当日受付にてお支払いをお願いいたします。
  • ※注記2:本セミナーは「田尻記念若手支援基金」の助成を受けて運営されております。同基金は、2007年に逝去された故田尻雅士・大阪外国語大学助教授のご遺志をご遺族が汲まれ、若手研究者支援のために行った寄付に基づき設立されたものです。

主催:西洋中世学会若手交流セミナー実行委員会

問い合わせ先: 西洋中世学会若手交流セミナー実行委員会 jsmes.seminar2012@gmail.com