Editing and the Interpretation of Texts「キャクストン版『黄金伝説』の校訂版作成:第1巻及び第2巻」企画 国際シンポジウム

科研基盤研究(B)(研究代表者:大阪産業大学 田口まゆみ)
「キャクストン版『黄金伝説』の校訂版作成:第1巻及び第2巻」企画  国際シンポジウム
Editing and the Interpretation of Texts:  Past, Present and Future Practices

標記国際シンポジウムを、海外から4名の編集文献学者(textual scholars)を招聘し2部構成で開催します。写本・揺籃期本テキストを校訂するプロセスについて、またそれを使って研究することについて、肩肘張らない、自由な意見交換の場を目指します。多くの方のご参加をお待ちします。

https://sites.google.com/flet.keio.ac.jp/editing201912/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0

11月30日(土)日本中世英語英文学会共催 学会企画シンポジウム

座談会形式(Lightning papers + panel discussion + discussion with floor)
海外招聘者:William Marx, Margaret Connolly, Janet Burton, John Scahill
国内招聘Editingグループ:AncreneWisse、Canterbury Tales、Meditations
詳細は学会HPをご覧ください(http://www.jsmes.jp/blog/congress/programme_35/

12月8日(日)講演会(京都大学共催)
於京都大学 文学部校舎2階第6講義室 10時30分~12時45分
(講演題目は上記シンポジウムで読まれるlightening版の展開版)

‘How Editing Monastic Foundation Narratives Uncovers their Meaning and Purpose’
Janet Burton (ウェールズ大学、Professor of Medieval History、Joint General Editor, Journal of Medieval Monastic Studies)
‘Choices Editors Make and their Consequences’
Margaret Connolly (聖アンドリュース大学、general editor of the Middle English Texts)
‘The Middle English Texts series (Heidelberg): Aims and Objectives’
William Marx (ウェールズ大学、general editor of Middle English Texts, Councilof the Early English Text Society)

終了後、ランチレセプション(京大構内または周辺のお店を予定:参加をご希望の場合は、事前にhttps://forms.gle/sgtRLx5hZQ6ZCRcHAよりお申し込みください。)