ガブリエッラ・アイラルディ教授来日公演のお知らせ

 ジェノヴァ大学教授ガブリエッラ・アイラルディ教授の講演会が行われます。ふるってご参加ください。いずれの会も事前連絡一切不要ですが、いずれかに出席の意向が確定している方は、事前に私までご一報いただけると資料配布などの準備の関係上助かります。よろしくお願いいたします。

      学習院大学 亀長洋子(Yoko.Kamenaga@gakushuin.ac.jp)

東京での講演
1.
学習院大学文学部史学科主催・学習院大学文学会共催
演題:「ジェノヴァとイタリアにおける中世の商人文化」(イタリア語、通訳付き)
日時:2011年7月13日(水)午後4時20分―午後6時
会場:学習院大学北2号館10階大会議室。終了後、懇親会を予定。
アクセスマップ:http://www.gakushuin.ac.jp/univ/etc/access.html
キャンパスマップ:http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html

2
一橋大学地中海研究会、EUIJ(EU Institute in Japan)東京コンソーシアムとの共催
演題:「中世におけるジェノヴァの居留地システムと国際関係」(英語)
日時:2011年7月17日(日)午後3時より。終了後、懇親会を予定。
会場:一橋大学佐野書院(キャンパスマップ中の23番)
アクセスマップ:http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/access.html
キャンパスマップ:http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html
(書院直通電話042-577-5230)

関西でのシンポジウムでの講演(こちらにつきましては、下記科研HPをご覧下さい)
3
科学研究費基盤研究A「中近世ヨーロッパにおけるコミュニケーションと紛争・秩序」シンポジウム
Christoph Dartmann (ミュンスター大学)
“Statutes as codes of law in the Italian city-communes”
Gabriella Airaldi(ジェノヴァ大学)
“Political culture and conflict in Genoa and in Liguria”
コメンテーター:高田京比子・中谷惣
二つの講演は英語で行われます。
日時:2011年7月23日(土)、午前10時30分―午後5時。
会場:京都大学文学部新館2階第6講義室
京都大学文学部アクセス・キャンパスマップ
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/about/access/
科研HP: http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/seiyoshi/kaken2009/index.html

(参考)Gabriella Airaldi教授について
略歴:1976年よりジェノヴァ大学教授。国際関係史、また年代記等の記述史料の分析による「神話」や伝統の形成の歴史等が専門。
主要著作:「15世紀のジェノヴァとスペイン」「中世におけるジェノヴァとリグリア」「リグリアの歴史」「中世ジェノヴァと海外進出地に関する研究と史料」「ヨーロッパと新世界」「海のような青:グリエルモ・エンブリアーコとその家族の物語」「戦士と商人:中世のジェノヴァ史」他多数。