講演会「アメリカにお​ける中世イタリア美術​研究―過去と現在―」​

皆様

下記の講演会 を開催いたしますので、ぜひともお誘い合わせの上ご出席いただければと存じます。

上智大学史学 主催会講演会(上智大学中世 思想研究所共催)

「アメリカにおける中世イタリア美 術研究 ―過去と現在―Studying Italian Medieval Art in America: Past and Present」
ドロシー・グラス Dorothy Glass氏
メトロポリタン美術館分館クロイスター ズ美術館顧問
国際中世美術研究センター理事
ニューヨーク州立大学元教授

英 語 遂語通 訳付き
日時 2012年11月16日(金)18:30 ~20:00
場所 上智大 学中央図書館8階 821会 議室 (地図以下参照http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya )

西欧中世美術史研究の重鎮であるド ロ シー・グラス氏は、歴史学と美術史学にまたがる手法で、特にイタリア中世美術研究に多大な功績を残してこられました。講演では、ポー ター、ベレンソンにはじまるアメリカにおけるイタリア中世美術研究の変遷について、ご自身の研究の歴史を絡めながらお話しいただきま す。 さらに、現在の研究テーマであるパルマ洗礼堂彫刻図像ついても言及されます。

Dorothy Glass氏略歴
ジョンズ・ホプキンズ大学Ph.D. ボストン大学助教授、ニューヨーク州立大学 バッッファロー校教授歴任主著 The Sculpture of Reform in North Italy, ca 1095-1130: History and Patronage of Romanesque Façades (Aldershot: Ashgate Publishing, Ltd., 2010); Portals, Pilgrimage and Crusade in Western Tuscany (Princeton, NJ: Princeton University Press, 1997); Romanesque Sculpture in Campania: Patrons, Programs and Style (State College, PA: Penn State Press, 1991); Italian Romanesque Sculpture: an Annotated Bibliography (Boston: G.K. Hall & Co., 1983); Studies on Cosmatesque Pavements (Oxford: British Archaeological Reports, 1980). 他多数