国際シンポジウム「ヨーロッパ都市における対立、共存、排除」

大阪市立大学都市文化研究センター主催で下記の国際シンポジウムを開催します。西洋中世関係のベテラン、若手の報告がメインです。ご参加をお待ちしております。

【国際シンポジウム】「ヨーロッパ都市における対立、共存、排除」

日時:2015年3月22日(日)10時~17時
場所:大阪市立大学高原記念館学友ホール
主催:大阪市立大学大学院文学研究科都市文化研究センター
入場無料、事前申込不要

第1部(10:00~12:05)

司会:北村昌史(大阪市立大学教授)

講演
フランツ=ヨーゼフ・アーリンクハウス(ビーレフェルト大学教授)
Granting Pardon in Late Medieval German Municipalities:A Pre-Modern `Democratic´ Form of Citizen Participation

研究発表
前田充洋(大阪市立大学大学院)
Business Activities of Fried. Krupp in Japan at the beginning of the 20th Century:Research and Study in Bielefeld University

犬童芙紗(大阪市立大学都市文化研究センター研究員)
Hamburger Singakademie and the Social Networks of the City in the Nineteenth Century

有田豊(大阪市立大学都市文化研究センター研究員)
Collective Consciousness of the Contemporary Waldenses

第2部(13:00~14:50)

司会:大黒俊二(大阪市立大学教授)

講演
マリア・ジュッゼピーナ・ムッザレッリ(ボローニャ大学教授)
Facilitate Coexistence, Reduce Conflict and Marginalize:
Sumptuary Laws as Governance’s Instrument (XIII-XVI century)

研究発表
木村容子(大阪市立大学都市文化研究センター研究員)
The Parable of the Three Rings in Late Medieval and Early Modern Italy

中谷良(大阪市立大学大学院)
The Conflicts between Muslims at Luceria Sarracenorum
and local Christians in the reign of Charles II, King of Naples

原田亜希子(大阪市立大学都市文化研究センター研究員)
The Transformation of the City Government under the Papal States:
The Case of Rome and Bologna in the second half of the 16th century

第3部(15:10~16:40)

パネルディスカッション「若手研究者派遣プログラムの成果と課題」

司会:海老根剛(大阪市立大学准教授)

※第1~2部の使用言語は英語、第3部のみ日本語です。

詳細情報および報告要旨は以下のサイトをご覧ください。
http://ucrc.lit.osaka-cu.ac.jp/zuno/cgi-bin/research/list.cgi?eid=1424931417