キャサリン・ホームズ博士来日講演&ワークショップ

 2016年7月に立教大学招聘研究員として、オックスフォード大学歴史学部准教授のキャサリン・ホームズ博士が来日します。ホームズ博士はビザンツ帝国史研究の第一人者であり、また中世グローバルヒストリーの共同研究「Defining the Global Middle Ages」のプロジェクトリーダーをつとめました。今回の来日に際しては、グローバルヒストリーの観点からの講演ならびに、若手ビザンツ史研究者とのワークショップを予定しています。
 講演は当日教室においでください。ワークショップに参加希望の方は小澤実(m-ozawa@rikkyo.ac.jp)までご一報ください。

 ホームズ博士の著作は、Basil II and the Governance of Empire (976-1025) (Oxford, 2005); (ed. with J. S. Waring), Literacy, Education and Manuscript Transmission in Byzantium and Beyond, The Medieval Mediterranean, vol. 42 (Leiden, Brill, 2002); (ed. with J. Harris and E. Russell), Byzantines, Latins and Turks in the Eastern Mediterranean World after 1150, Oxford Studies in Byzantium (Oxford, 2012) など。ほか論文多数。

講演1:
Catherine Holmes(University of Oxford)
Byzantium Transformed? New Directions for the Study of Byzantium (600-1500) in the Age of Global History
日時:2016年7月20日(水)15:00-16:30
場所:東京大学本郷キャンパス法文1号館215
使用言語は英語。報告原稿の翻訳を配布予定。

講演2:
Catherine Holmes(University of Oxford)
The Global Middle Ages. Questions and Themes
日時:2016年7月22日(金)18:30-20:30
場所:立教大学池袋キャンパス14号館D602
使用言語は英語。報告原稿の翻訳を配布予定。

ワークショップ:
Decoding the Historical Sources on Byzantium
日時:2016年7月23日(土)10:00-16:10
場所:立教大学池袋キャンパス13号館会議室
使用言語は英語。

10:00-10:05 Welcome speech

10:05-11:30 Session 1: Byzantium Face-to-Face the Outer World
Kosuke Nakada(University of St Andrews)
 Ukhtanes of Sebasteia and the Byzantine-Armenian Relations in the Tenth Century
Minoru Ozawa(Rikkyo University)
 Remembering the East in Late Viking Age Scandinavia: Social Function of Rune Stones on Byzantium
Daiki Sano(University of Tokyo)
 Eastern Frontier in Crisis: Andronikos II’s Journey to Asia Minor, 1290/1-1293

13:15-14:15 Session 2: Narrative Texts Mirroring Byzantine Society
Yuki Kontani(University of Tokyo)
 Castration as Medical Treatment
Hisatsugu Kusabu(Osaka City University)
 The Bogomil Narration and Heresiologists

14:30-16:00 Session 3: The Empire and the Intellectuals in Late Byzantium
Koji Murata(Osaka City University / JSPS)
 Documents of the Laskarid Emperors of Nicaea in Byzantine Archives
Shinichi Kubo(University of Tokyo)
 Hellenic Education as a Factor of Exclusiveness or Open-Mindedness
Tomoo Uegaki(Osaka City University)
 Gemistos Plethon in the Despotate of the Morea: his Position and Reform Plan

16:00- Concluding remarks