ユルゲン・デンドルファー教授来日講演

 以下の要領で、フライブルク大学のユルゲン・デンドルファー教授の講演会を開催します。お誘い合わせのうえ、ご参集ください。

①立教大学文学部公開講演会
報告内容:Die Formierung des Lehnswesens im deutschen Reich des hohen Mittelalters(盛期中世ドイツ王国におけるレーン制の形成)」
日時:2017年9月5日(火)15:00-18:00
場所:立教大学池袋キャンパス12号館第1・第2会議室
言語:ドイツ語(原稿翻訳配布、通訳あり)
主催:立教大学文学部
共催:科研費基盤研究B「中世ヨーロッパ世界における統治理念と社会制度の比較史的統合の研究」(課題番号15H03258)
URL:http://www.rikkyo.ac.jp/events/2017/09/mknpps000000393o.html


報告内容:König und Große – Die Politische Kultur des Reiches im Hochmittelalter im europäischen Rahmen(国王と諸侯 盛期中世ヨーロッパにおけるドイツ王国の政治文化)
日時:2017年9月7日(木)14:00-17:00
場所:京都大学文学部第5演習室
言語:ドイツ語(原稿翻訳配布、通訳あり)
主催:科研費基盤研究B「中世ヨーロッパ世界における統治理念と社会制度の比較史的統合の研究」(課題番号15H03258)

デンドルファー教授はミュンヘン大学にてDissertationならびにHabilitationを取得。ミュンヘン大学、インゴルシュタット大学を経て、2011年よりフライブルク大学教授。レーン制研究の第一人者。主著に、Adelige Gruppenbildung und Königsherrschaft. Die Grafen von Sulzbach und ihr Beziehungsgeflecht im 12.Jahrhundert (Studien zur bayerischen Verfassungs-und Sozialgeschichte 23),München 2004;Jürgen Dendorfer/Roman Deutinger (Hgg.),Das Lehnswesen im Hochmittelalter. Forschungskonstrukte – Quellenbefunde – Deutungsrelevanz(Mittelalter-Forschungen 34), Ostfildern 2010;Jürgen Dendorfer/Ralf Lützelschwab (Hgg.),Geschichte des Kardinalats im Mittelalter(Päpste und Papsttum 39), Stuttgart 2011.

Print This Post Print This Post