国際コロキウム「異なる視野から見たヨーロッパ中世」および特別セミナーのお知らせ

2017年10月12日から15日にかけて東京外国語大学にて第3回国際コロキウム「異なる視野から見たヨーロッパ中世」ならびに特別セミナー「”ムデハリスモ”と”モサラビスモ”―中世イベリア半島におけるキリスト教世界とイスラーム世界の文化交渉」が開催されます。

「異なる視野から見たヨーロッパ中世」は、非欧米圏におけるヨーロッパ中世研究の諸問題を幅広く討論するために、まず2013年にメキシコで、次いで2015年にアルゼンチンで行われた国際コロキウムの第3回大会であり、初のアジア開催となります。
特別セミナー「”ムデハリスモ”と”モサラビスモ”」は、美術史や歴史学などの研究者による表題に関する連続特別講義となります。

両イベントには、中南米・ヨーロッパ・日本で活躍する若手からベテランまで総勢15名の研究者が集います。
西欧中世、スペインの歴史と美術、異文化交渉等に関心をお持ちの方、ぜひご参加ください。

下記のリンクからプログラムを含むチラシをご覧いただけます。
http://www.tufs.ac.jp/event/general/3_18.html

本学ならびに本郷サテライトへのアクセスは下記をご覧ください。
http://www.tufs.ac.jp/access/

プログラム
2017年10月12日(木)海外事情研究所(東京外大研究講義棟4F/427)
October 12, 2017, Thursday, Institute for Global Area Studies (TUFS, 4F/427)
第3回国際コロキウム「異なる視野から見たヨーロッパ中世」
The 3rd International Colloquium The Middle Ages seen from other horizons
13:30 開会 / Opening
13:45-14:30 ディアナ・アラウス (サカテカス自治大学、メキシコ)
クリスティーヌ・ド・ピザン(1364-1430年)の生涯と作品:21世紀の眼差しから(西語)
Diana Arauz Mercado (Universidad Aut?noma de Zacatecas, M?xico)
Vida y obra de Christine de Pizan, 1364-1430: Una mirada desde el siglo XXI
14:30-15:15 フランシスコ・デ・アシス・ガルシア (マドリード・コンプルテンセ大学、スペイン)
対異端のイメージ? 盛期中世美術における異端に対する言説について(西語)
Francisco de As?s Garc?a Garc?a (Universidad Complutense de Madrid, Espa?a)
?Im?genes contra la heterodoxia? Acerca del discurso antiher?tico en el arte de la plena Edad Media
15:15-16:00 佐藤紗良(大阪大学)
近代のアルハンブラ宮殿修復論と実践(英語)
Sara Satoh (Osaka University, Jap?n)
Theoretical approach behind the restoration of the Alhambra in Modern times
16:00-16:15 休憩 / Afternoon break
16:15-17:00 ヘラルド・ロドリゲス (マル・デル・プラタ国立大学/CONICET、アルゼンチン)
ラバヌス・マウルス『宇宙論』の感覚的読解(西語)
Gerardo Rodr?guez (Universidad Nacional de Mar del Plata / CONICET, Argentina)
Una lectura sensorial De Universo de R?bano Mauro
17:00-17:45 マリアナ・サパテロ (教皇庁立アルゼンチン・カトリック大学、アルゼンチン)
15世紀カスティーリャ王国における社会的都市的アイデンティティの対立(西語)
Mariana Zapatero (Pontificia Universidad Cat?lica Argentina)
Conflictos de identidad socio-urbana en la Baja Edad Media hisp?nica (Castilla-Siglo XV)

2017年10月13日(金)総合文化研究所(東京外大研究講義棟4F/422)
October 13, 2017, Friday, Institute of Transcultural Studies (TUFS, 4F/422)
特別セミナー “「ムデハリスモ」と「モサラビスモ」
Special Seminar “Mudejarism” and “Mozarabism”
10:00-10:45 マルティン・リオス (メキシコ国立自治大学歴史学研究所)
キリスト教世界とイスラーム世界の境域:中世の現実を研究するための一モデル(西語)
Mart?n R?os Saloma (Instituto de Investigaciones Hist?ricas, Universidad Nacional Aut?noma de M?xico)
La frontera entre cristiandad e islam: un modelo para el estudio de las realidades medievales
10:45-11:30 フランシスコ・デ・アシス・ガルシア (マドリード・コンプルテンセ大学、スペイン)
アンダルスの物質文化と「改革の美術」:織物が果たした役割の再評価(英語)
Francisco de As?s Garc?a Garc?a (Universidad Complutense de Madrid, Espa?a)
Andalusi material culture and the “art of the Reform”: reassessing the role of textiles
11:30-12:15 フロセル・サバテ (リェイダ大学、スペイン)
カタルーニャの「モーロ人」と「モーロ人居住区(モレリーア)」:包摂と排除(英語)
Flocel Sabat? (Universitat de Lleida, Espa?a)
‘Moros’ and ‘Morer?as’ in Catalonia. Inclusion and exclusion

2017年10月13日(金)総合文化研究所(東京外大研究講義棟4F/422)
October 13, Friday, 2017, Institute of Transcultural Studies (TUFS, 4F/422)
第3回国際コロキウム「異なる視野から見たヨーロッパ中世」
The 3rd International Colloquium The Middle Ages seen from other horizons
14:00-14:45 アリシア・ミゲレス (リスボン新大学中世研究所、ポルトガル)
中世美術への学際的アプローチ:理論と方法論の検討(英語)
Alicia Migu?lez Cavero (Instituto de Estudos Medievais, Universidade Nova de Lisboa, Portugal)
Interdisciplinary Approaches to Medieval Art: A Theoretical and Methodological Discussion
14:45-15:30 フェルナンド・ビリャセニョール (カンタブリア大学、スペイン)
中世末期カスティーリャにおける美術パトロネージ:新しいアプローチと方法論案(英語)
Fernando Villase?or Sebasti?n (University of Cantabria, Spain)
The artistic promotion in Castile at the end of the Middle Ages: new approaches and methodological proposals
15:30-15:45 休憩 / Afternoon break
15:45-16:30 エレナ・パウリーノ (ドイツ美術史研究所、イタリア)
周縁の中世―カリブ海初期経験における美術の伝統と変質:イスパニョーラ島(1492-1540年) (英語)
Elena Paulino Montero (Kunsthistorisches Institut in Florenz, Italy)
Middle Ages at the Margins. Artistic traditions and transformation in the first Caribbean Experiences. La Hispaniola (1492-1540)
16:30-17:15 浅野ひとみ(長崎純心大学)
聖シルウェステル伝図像:サン・ペドロ・エル・ビエホ(ウエスカ)回廊のロマネスク柱頭彫刻(英語)
Hitomi Asano (Nagasaki Junshin Catholic University, Japan)
Iconography of St. Sylvester: The Romanesque capitals in the cloister of San Pedro el Viejo (Huesca)

2017年10月14日(土)東京外大本郷サテライト(5F)
October 14, 2017, Saturday, Hongo satellite, 5F
第3回国際コロキウム「異なる視野から見たヨーロッパ中世」
The 3rd International Colloquium The Middle Ages seen from other horizons
10:00-10:45 黒田祐我(神奈川大学)
カスティーリャ王国・グラナダ王国「境域」の生活と外交(西語)
Yuga Kuroda (University of Kanagawa, Japan)
La vida y la diplomacia local en la frontera castellano-granadina
10:45-11:30 マルティン・リオス (メキシコ国立自治大学歴史学研究所)
盛期・後期中世のカスティーリャ王国年代記における対イスラーム戦争の正当化(西語)
Mart?n R?os Saloma (Institute of Historical Investigations, National Autonomous University of Mexico)
La legitimaci?n de la guerra de conquista en la cron?stica castellana de la plena y la baja Edad Media

2017年10月14日(土)東京外大本郷サテライト(5F)
October 14, 2017, Saturday, Hongo satellite, 5F
特別セミナー “「ムデハリスモ」と「モサラビスモ」
Special Seminar “Mudejarism” and “Mozarabism”
11:30-12:15 伊藤喜彦(東海大学)
10世紀レオン王国の建築:「モサラベ」神話と現実(西語)
Yoshihiko Ito (Tokai University, Japan)
La arquitectura del reino de Le?n del siglo X: el mito y la realidad de lo “moz?rabe“
12:15-13:45 昼食 / Lunch
13:45-14:30 毛塚実江子(共立女子大学)
《960年レオン聖書》の象徴的人物像(英語)
Mieko Kezuka (Kyoritsu Women’s University,Japan)
Symbolic figures in the Le?n Bible of 960
14:30-15:15 アリシア・ミゲレス (リスボン新大学中世研究所、ポルトガル)
ベアトゥス写本における宝石論の一節について(英語)
Alicia Migu?lez Cavero (Institute for Medieval Studies, Nova University of Lisbon, Portugal)
The lapidary passage in Beatus manuscripts
15:15-15:30 休憩 / Afternoon break
15:30-16:15 エレナ・パウリーノ (ドイツ美術史研究所、イタリア)
「ムデハル」問題と14?15世紀カスティーリャ王国の美術の実際:アルフォンソ11世期からエンリケ2世期までの慣習と刷新(英語)
Elena Paulino Montero (Kunsthistorisches Institut in Florenz, Italy)
The problem of “mud?jar” and the artistic practices of the XIV-XV century Castile. Conventions and innovations from Alfonso XI to Henry II
16:15-17:00 フェルナンド・ビリャセニョール (カンタブリア大学、スペイン)
「ムデハル」問題と14?15世紀カスティーリャ王国の美術の実際:フアン2世期・エンリケ4世期の慣習と刷新(英語)
Fernando Villase?or Sebasti?n (University of Cantabria, Spain)
The problem of “mud?jar” and the artistic practices of the XIV-XV century Castile. Conventions and innovations of John II and Henry IV

2017年10月15日(日)東京外大本郷サテライト(5F)
October 15, 2017, Sunday, Hongo satellite, 5F
第3回国際コロキウム「異なる視野から見たヨーロッパ中世」
The 3rd International Colloquium The Middle Ages seen from other horizons
10:00-10:45 阿部俊大(同志社大学)
13世紀前半のイベリア半島諸国と教皇庁(西語)
Toshihiro Abe (Doshisha University, Japan)
Las pol?ticas del Papado en los reinos hisp?nicos en la primera mitad del siglo XIII
10:45-11:30 フロセル・サバテ (リェイダ大学、スペイン)
アラゴン連合王国、特異なる中世帝国(英語)
Flocel Sabat? (University of Lleida, Spain)
The Crown of Aragon. A Singular Medieval Empire
11:30閉会 / Closing

-入場無料、事前申込不要
-各タイトルの言語が発表使用言語となります
-通訳はありません
-発表要旨を発表言語と日本語(ないし別の言語)の2言語で配布予定です

主催:東京外大久米順子研究室 kumejun(@)tufs.ac.jp
JSPS科研費 JP26770049
日本学術振興会外国人研究者招へい事業
共催:東京外大海外事情研究所、総合文化研究所

Print This Post Print This Post