シンポジウム 哲学と歴史学とを生涯学習として学ぶ意義

○日時:2017年12月16日(土) 13時00分~18時00分
○場所:東洋大学2号館16階スカイホール

○プログラム
13時00分 開会挨拶
13時05分 提題1[哲学]
「哲学――自由になるための学び」川添信介(京都大学理事・副学長)
14時20分 提題2[歴史学]
「中世地中海から現代世界を見る」高山博(東京大学教授)
15時35分 提題3[教育学]
「生涯学習では哲学や歴史学をどのように学んできたか」矢口悦子(東洋大学教授)
16時45分 休憩
16時55分 討論:登壇者間での質疑応答とフロア・ディスカッション
[司会]辻内宣博(東洋大学准教授・国際哲学研究センター研究員)
17時55分 閉会挨拶

*会場へのアクセスは
こちらhttp://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.htmlをご参照ください。

Print This Post Print This Post