早稲田大学ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所の第二十四回研究会研究会

「早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ〈新しい世界史像の可能性〉」との共催となります。
報告内容は以下の通りです。

日時 2018年1月20日(土)14:00-17:30
場所 早稲田大学戸山キャンパス39号館5階第五会議室
全体のテーマ 「モノをめぐる歴史のこれまでとこれから」

報告(1)菅原裕文(金沢大学准教授)
「カッパドキア研究の現在と展望
―美術史研究におけるヴァーチャル・リアリティーの可能性― 」

報告(2)黒田祐我(神奈川大学准教授)
「中世と近現代との「対話」
―アンダルス(イスラーム・スペイン)の遺したモノをめぐる議論のゆくえ―」

ブログ
http://iemrs.blog111.fc2.com/

よろしくお願い申し上げます。

Print This Post Print This Post