2018年度 第10回西洋中世学会大会 シンポジウム・テーマ募集のご案内

西洋中世学会第10回大会(2018年6月開催予定)のシンポジウム・テーマを募集します。西洋中世研究の各分野にまたがる包括的なテーマをご提案ください。その際、可能ならばコーディネーター候補者のお名前も挙げていただければ幸いです(提案者がコーディネーターとなっていただいても結構です)。

テーマ名、コーディネーター候補者名は(提案者名をそえて)2017年2月28日(火)までに事務局(office.jsmes@gmail.com)までお寄せください。

 ちなみに過去7回のシンポジウム・テーマは以下の通りです。

2009年度  21世紀の西洋中世学
2010年度  メディアと社会(コーディネーター:大黒俊二)
2011年度  ヨーロッパとイスラーム――文化の翻訳(コーディネーター:山本芳久)
2012年度  中世とルネサンス(コーディネーター:伊藤博明)
2013年度  ローマの遺産(コーディネーター:金沢百枝)
2014年度  西洋中世写本の表と裏―写本のマテリアリティと西洋中世研究(コーディネーター:松田隆美)
2015年度  托鉢修道会―中世後期の信仰世界(コーディネーター:赤江雄一)
2016年度  西洋中世の〈知的中心〉としてのパリに、何が生じていたのか(コーディネーター:岡崎敦)

事務局移転のお知らせ

2016年7月5日に事務局が日本女子大学目白キャンパスへ移転いたしましたので、
ご案内申し上げます。

(新所在地)
西洋中世学会事務局
〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1
日本女子大学文学部史学科 加藤研究室内
(百年館7階707号室)
Tel:03-5981-3584

e-mail: office@medievalstudies.jp  ※e-mailアドレスの変更はございません。

第8回大会(6月11/12日、東北大学、川内南キャンパス)のお知らせ

皆様

 西洋中世学会第8回大会を、6月11日(土)、12日(日)の両日にわたり、東北大学(川内南キャンパス)を会場として開催致します。今大会では、自由論題報告、ポスター・セッション、シンポジウム、特別展示・音楽企画が行われます。ふるってご参加下さい。参加ご希望の方は、本ページ下部の「参加申し込みフォーム」に従って事前にお申し込下さい。5月24日(火)を参加申し込みの締め切りとさせていただきますが、会場準備の都合上、なるべく早くお申し込み下さるようお願い致します。
会場地図とプログラムについては以下をご覧下さい。 また自由論題報告、ポスター・セッション、シンポジウム、特別展示の報告要旨は、以下のとおりHPに掲載しておりますので、参加ご希望の方はプログラム、要旨等を各自でダウンロードしてお持ち下さい。

 

大会参加費(会員1000円、非会員2000円)と懇親会費(5000円・学生2500円)を以下の振込先に申し込み締切日(5月24日(火))までにお振込みください。
郵便振替の場合、大会参加費振込先は、以下のとおりです。
振込み口座番号: 02290-1-120604
口座名義:セイヨウチュウセイガッカイダイハチカイタイカイ

他の金融機関から振り込まれる場合は、以下のとおりです。
銀行名:ゆうちょ銀行
店番:229
預金種目:当座
店名:二二九(ニイニイキユウ)
口座番号: 120604
口座名義:セイヨウチュウセイガッカイダイハチカイタイカイ

通信欄に会員区分(正、学生、賛助、非会員)、大会参加費・懇親会会費などの名目を記載ください。
当日は念のため振替受領証をお持ちください。お振込みのあとご返金はできませんので、ご了承ください。
学会ではお弁当など昼食の手配はしておりません。大会1日目・2日目とも、川内北キャンパスの生協食堂「川内の杜ダイニング」および隣接する購買店舗は営業します。また1日目はそのほか、大会会場の文科系総合講義棟に隣接する文系食堂および購買店舗も営業します。詳細は以下のURLをご参照下さい。

http://www.tohoku.u-coop.or.jp/store/time/

宿泊予約は会員各自でお願いします。
アクセスは、仙台市営地下鉄東西線川内駅下車、徒歩5分くらい、です。
会場地図のURL,および以下のURLをご参照下さい。http://www.tohoku.ac.jp/japanese/profile/campus/01/access/

なお、ポスター・セッションは、人文学系の学会ではまだあまり一般的ではない発表形式です。下記は、報告者向けに作成されたものですが、参加者の方も一読されるとポスター・セッションがどのようなものなのか、より理解しやすくなるでしょう。

また、2011年夏に開催された「西洋中世学会 若手支援セミナー企画ポスター・セッション」の報告もご一読ください。