シンポジウム 哲学と歴史学とを生涯学習として学ぶ意義

○日時:2017年12月16日(土) 13時00分~18時00分
○場所:東洋大学2号館16階スカイホール

○プログラム
13時00分 開会挨拶
13時05分 提題1[哲学]
「哲学――自由になるための学び」川添信介(京都大学理事・副学長)
14時20分 提題2[歴史学]
「中世地中海から現代世界を見る」高山博(東京大学教授)
15時35分 提題3[教育学]
「生涯学習では哲学や歴史学をどのように学んできたか」矢口悦子(東洋大学教授)
16時45分 休憩
16時55分 討論:登壇者間での質疑応答とフロア・ディスカッション
[司会]辻内宣博(東洋大学准教授・国際哲学研究センター研究員)
17時55分 閉会挨拶

*会場へのアクセスは
こちらhttp://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.htmlをご参照ください。

国際シンポジウム The Book in Transition

平成29年度 慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート創造クラスター
「西洋初期印刷本の書誌学的研究成果を統合する画像付きデータベースの構築」プロジェクト主催
国際シンポジウム「The Book in Transition, the East and the West」のご案内

本プロジェクトではこの度、インキュナブラ(ヨーロッパ初期刊本)研究の世界的権威であるポール・ニーダム博士をお迎えし、東洋と西洋における、中世末期から近世の書物製作と受容に関する国際シンポジウムを開催いたします。ニーダム博士の来塾は、慶應義塾大学にグーテンベルク聖書が収蔵された1996年以来となります。
各国の第一線で活躍する研究者による発表と、フロアーを交えたRoundtable Discussionを通して、東西の書物のあり方や多様な研究アプローチ、今後の研究の可能性について検討します。また会場では、体験型展示”Transition of Book Production”も開催します。シンポジウムの詳細は下記をご参照ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

The Book in Transition, the East and the West

ウェブサイト:https://sites.google.com/keio.jp/booktrans/home
日時:2017年12月9日(土)10時45分~18時頃(受付開始 10時)
場所:慶應義塾大学三田キャンパス東館6・7階 G-SEC Lab
参加無料・事前申し込み要:詳しくはウェブサイトをご覧ください。(12月5日までにお願いできますと幸いです)。
言語:英語(一部日本語発表あり。質問、ディスカッション等は日英両方可。)

*以下は現段階での情報です。最新版についてはウェブサイトをご覧ください。

–基調講演–
ポール・ニーダム氏(プリンストン大学・シャイデ図書館研究員)
“The Gutenberg Bible Family: Cousins, Children, and Grandchildren.”
佐々木孝浩氏(慶應義塾大学斯道文庫教授)
“The Early Period of Japanese Books in Moveable Type: Relationships between Manuscript and Print.” 日本の初期活字印刷本について―写本と版本の関係を中心に―

–ケーススタディ発表者–
ウバルド・イアッカリーノ(ナポリ東洋大学)
佐藤龍一郎(東京大学)
ヤーツェク・ソシンスキー(L. & A. Birkenmajer Institute for the History of Science, Polish Academy of Sciences)
ハン・リン(杭州師範大学)
イーチュン・リュウ(ポルト大学/プラハ・カレル大学)
ラファエル・モーレン(ロンドン大学/ウォーバーグ研究所)
雪嶋宏一(早稲田大学)

ブノワ・グレヴァン氏講演会(国立民族学博物館)

ブノワ・グレヴァン氏(CNRS)の講演会が下記の日程で開催されます。
皆様ふるってご参加ください。

講演題目:「言語学と魔術のはざまで:中世ヨーロッパ・中東・北東アジアをつなぐ漢字の「力」
日時:2017年11月14日(火)15:30~17:00
場所:国立民族学博物館 本館2階 第3セミナー室
詳細:https://www.dropbox.com/s/8othw20gbqnvahc/poster3.jpg?dl=0
なお、グレヴァン氏はメネストレル主催の若手研究セミナー《中世学のネットワークとツール》と、国際シンポジウム《中世における文化交流―対話から文化の生成へ―》でも、ご発表されます。どちらも要登録となっておりますので、参加ご希望の方は、menestrel2017@yahoo.co.jpまでご連絡下さい。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

開催場所:大和文華館(奈良県)http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/
日時:2017年11月17日(金)~19日(日)
最終版日本語プログラム:http://www.menestrel.fr/IMG/pdf/programme_nara_2017-09-25_japonais_.pdf
日本語版ポスター:http://www.menestrel.fr/IMG/pdf/affiche_jp_-1_28sept.pdf
日本語版チラシ:http://www.menestrel.fr/IMG/pdf/flyer_jp_-1_28sept.pdf
若手研究セミナー発表要旨(英文):http://www.menestrel.fr/IMG/pdf/summaries_of_the_presentations_en_-_afternoon_medievalists_and_their_networks_nara_17_nov_2017.pdf
国際シンポジウム発表要旨(欧文):http://www.menestrel.fr/IMG/pdf/resumes_des_communications_fr-en_-_colloque_nara_18-19_nov_2017.pdf
国際シンポジウム発表要旨翻訳(和文):http://www.menestrel.fr/IMG/pdf/resume_jp_.pdf