2019年度 第11回西洋中世学会大会 ポスター報告再募集のご案内

西洋中世学会会員の皆様

第11回西洋中世学会大会(2019年6月22日(土)、23日(日)に大阪市立大学杉本キャンパスにおいて開催予定)のポスター報告について、報告者を再募集することになりました。締め切りは、2019年3月20日(水)です。奮ってご応募ください。

(ご参考:初出のポスター報告者募集記事

シンポジウム 「宗教的実践知の獲得・伝授と教育」

科学研究費研究助成金基盤研究A(海外学術調査)
「イスラエル国ガリラヤ地方の新出土シナゴーグ資料に
基づく一神教の宗教史再構築」シンポジウム
「宗教的実践知の獲得・伝授と教育」

2019年3月16日(土) 13-18時
東京大学本郷キャンパス 国際学術総合研究棟 文学部3番大教室

プログラム
13:00-13:10
市川 裕(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
 趣旨説明
13:10-13:55
土居由美(東京大学大学院人文社会系研究科研究員)
 古代ギリシア・ローマ世界における教育とキリスト教
  -「女性と初期キリスト教」を手掛かりとして-
14:05-14:50
上村静(尚絅学院大学総合人間科学部教授)
 古代ユダヤ教における学び -聖典制定とその教育- 
15:10-15:55
中西恭子(東京大学大学院人文社会系研究科研究員)
 古代末期の宗教的実践知としての修徳思想
-キリスト教と女性の場合-
16:05-16:50
嶋田英晴(國學院大學神道文化学部非常勤講師)
 中世イスラーム下のユダヤにおける初等教育
17:00-18:00
 全体討論

主催:
科学研究費研究助成金基盤研究A(海外学術調査)「イスラエル国ガリラヤ地方の新出土シナゴーグ資料に基づく一神教の宗教史再構築」(代表:市川裕)
連絡先:市川科研事務局
ichkaken@l.u-tokyo.ac.jp
tel.03-5841-3765(東京大学宗教学研究室内)

「宗教的逸脱と他者性 宗教学・宗教史学における「異端」の比較方法論をもとめて」

宗教的逸脱と他者性
宗教学・宗教史学における「異端」の比較方法論をもとめて
Altérité et déviance religieuse. Pour une approche comparatiste de l’hérésie en histoire des religions

2019年3月9日(土)9時45分~18時・東洋文庫(東京)二階会議室
9 mars 2019 de 9h45 à 18h –Toyo Bunko (Tokyo), salle de conférence, 2e étage

フランス語 ? 入場無料

9:45-10:00 Jean-Daniel Morerod (Université de Neuchâtel)
Mots de bienvenue et introduction
開会の言葉

10:00-10:45 Loïc Chollet (Université de Neuchâtel)
« Des moines-soldats hérétiques ?
Les Chevaliers teutoniques et leur mauvaise réputation »
異端の僧兵? ドイツ騎士団とその悪評

10:45-11:30 Didier Davin (National Institute of Japanese Literature)
« La pureté comme orthodoxie :
Évolution du Zen médiéval et du regard porté sur lui »
正統としての純粋性
中世禅の発展、そして禅へのまなざし

11:30-12:15 Nobumi Iyanaga (Société Franco-japonaise des Études Orientales)
« Une “religion” exista-t-elle au Japon, et une “hérésie” exista-t-elle au Japon ? Réflexion sur l’applicabilité de ces notions aux réalités japonaises »
日本に〈宗教〉は存在したのか?〈異端〉は存在したのか?
日本の実態に両概念が適応しうるのかについての考察

12:15-14:00 Pause de midi

14:00-14:45 Daniel Barbu (Centre National de la Recherche Scientifique)
« Hérésie, idolâtrie et histoire des religions »
異端、偶像崇拝、宗教史

14:45-15:30 François Lachaud (École Française d’Extrême-Orient)
« Je suis une Légion : un regard sur les démonologies d’Edo (1603-1867) »
〈わが名はレギオン、我ら多きが故なり〉
江戸の悪魔学の一端(1603-1867)

15:30-15:45 Pause

15:45-16:30 Philippe Borgeaud (Université de Genève)
« La religion et ses ombres des Grecs aux modernes »
宗教が歴史におとした影
ギリシャ・ローマ時代から現代まで

16:30-17:15 Gaétan Rappo (Université de Nagoya)
« Des rhétoriques de l’hérésie ?
Une réflexion sur la déviance dans l’histoire des religions »
異端の言説? 宗教史における逸脱をめぐって

17:15-18:00 Discussion générale
総合討議

Discutants :
ディスカッサント
Sylvain Parent (École Normale Supérieure de Lyon), Valentin Portnykh
(Université de Novosibirsk), Olivier Silberstein (Université de Neuchâtel)

【主催】フランス国立極東学院、日仏東洋学会、ヌーシャテル大学
Organisation : EFEO, Société Franco-japonaise des Études Orientales,
l’Université de Neuchâtel (Institut d’histoire)
【企画】: ロイック・ショレ(Loïc Chollet), ガエタン・ラポー(Gaétan Rappo).
【後援】スイス国立財団、東洋文庫
Avec le soutien du Fonds National Suisse (SNF) et de la Tōyō bunko

※PDF (日本語)/ PDF (français)あり。下記参照のこと。
http://www.classics.jp/sofjeo/events/events_20190309.html