国際研究集会「異端とその宗教的言説―日本と西欧の比較史学の試み」

国際研究集会
異端とその宗教的言説―日本と西欧の比較史学の試み
Les discours de l’hérésie : Exercices de comparaison Est-Ouest

2019年3月4~5日(月~火)
4-5 Mars, 2019

名古屋大学文系綜合館7階カンファレンスホール
Université de Nagoya, Batiment Lettres – Hall de Conférence ( 7ème étage )
http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/
(上記地図のB4④)

日仏同時通訳つき

【主催】ヌーシャテル大学歴史学研究所、名古屋大学高等研究院、人文学研究科附属人類文化遺産テクスト学研究センター
Organisation : Université de Neuchâtel, Institut d’Histoire Institute for Advanced Research (Nagoya University), Research Center for Cultural Heritage and Texts (Nagoya University)
【企画】 : ロイック・ショレ( Loïc Chollet ), ガエタン・ラポー( Gaétan Rappo )
【後援】 スイス国立連邦基金、日本学術振興会Core-to-Coreプログラム「テクスト学による宗教文化遺産の普遍的価値創成学術共同体の構築」
Avec le soutien de : Swiss National Science Foundation ;
Japanese Society for Promotion of Science,
Core-to-Core Program : Academic Consortium for Creating the Value of Religious Cultural Heritage through Text Studies

プログラム
P r o g r a m m e
https://www.lit.nagoya-u.ac.jp/cht/activity-schedule/workshop-society/2019030405/

ニコラス・パーセル教授講演会

講演:The Global History
and the ‘Corrupting Sea’
講演者:Professor Nicholas Purcell (Oxford)

日時:2019 年 3 月 3 日(日) 13 時~15 時
場所:関西学院大学大阪梅田キャンパス(アプローズタワー 14 階)1406
(https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html)

この度、オクスフォード大学古典学部古代史教授のニコラス・パーセル教授が来日されます。名古屋大学での国際シンポジウムGardens: History, Reception, and Scientific Analyses の後、大阪でグローバル・ヒストリーとご著書 Corrupting Sea に関してのご講演をいただくことになりました。みなさま、ふるってご参加のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、会場の定員が 50 名ほどとなっておりますので、参加をご希望の方は、藤井崇(関西学院大学)にメールにてお知らせください。メールアドレスは、takashi.fujii@kwansei.ac.jp です。

共催:名古屋大学高等研究院、関西学院大学文学部西洋史学専修

本講演会は、文部科学省平成 26 年度科学技術人材育成費補助事業 独立行政法人科学技術振興機構「科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業」、平成 30 年度採択研究課題「西洋の庭園空間:起源・継承・復元」、代表:川本悠紀子(名古屋大学)ならびに日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(A)「古代地中海世界における知の動態と文化的記憶(18H03587)」、代表:周藤芳幸(名古屋大学)の助成を受けています。

ワークショップ「カロリング期のコミュニケーション術とその効果」

ワークショップ:Communication techniques and their effects in the Carolingian age

日時:2019年3月10日(日)
会場:青山学院大学青山キャンパス 15号館(ガウチャーメモリアルホール)5階 第13会議室
https://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/access.html
https://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html

13:00 Opening remarks

13:05- Shigeto KIKUCHI (Aoyama Gakuin University) 菊地重仁(青山学院大学)
Threat and menace as communication techniques in the Carolingian age

14:05- Takuro TSUDA (Hokkaido University of Education) 津田拓郎(北海道教育大学)
On the so called ‘Capitulary of Frankfurt’ and political communication under Charlemagne

15:05- Coffee break

15:25- Martin GRAVEL (Université Paris 8) マルタン・グラヴェル(パリ第8大学)
The use of letters for long-distance communications in the Carolingian Empire. A reconsideration of the Hofmann paradigm

16:25- Sakae TANGE (Shimonoseki City University) 丹下栄(下関市立大学)
Quelques aspects de la communication locale à l’époque carolingienne

17:35-18:05 Closing discussion

(Supported by JSPS Grant-in-Aid for Scientific Research (B) 17H02377; JSPS Grant-in-Aid for Scientific Research (C) 17K03186; Department of History, College of Literature, Aoyama Gakuin University)

報告原稿を配布した上で、会議は英語(一部フランス語)で進行します。ご関心の向きは会場準備のため下記の連絡先までご一報いただければ幸いです。もちろん当日参加も可能です。
お問い合わせ:菊地重仁(sgt_kikuchi@aoyamagakuin.jp)