第11回大会(6月22/23日、大阪市立大学、杉本キャンパス)のお知らせ

皆様

 西洋中世学会第11回大会を、6月22日(土)、23日(日)の両日にわたり、大阪市立大学(杉本キャンパス)を会場として開催いたします。今大会では、自由論題報告、シンポジウム、ポスター・セッション、特別展示が行われます。ふるってご参加下さい。

参加ご希望の方は、本ページ下部の「参加申し込みフォーム」に従って事前にお申し込み下さい。6月5日(水)を参加申し込みの締め切りとさせていただきますが、会場準備の都合上、なるべく早くお申し込み下さるようお願い致します。
★会場地図とプログラムについては以下をご覧下さい。 プログラム、要旨集なども各自でダウンロードしてお持ち下さい。

 

★大会準備費1000円と懇親会費(5,000円・学生2,500円)を以下の振込先に申し込み締切日(6月5日(水))までにお振込みください。
注:額面としては次のいずれかとなります。
一般・懇親会参加:6,000円、一般・懇親会不参加:1000円、学生・懇親会参加:3,500円、学生・懇親会不参加:1,000円

★通信欄に会員区分(01:正、02:学生、03:賛助、04:非会員)、大会準備費・懇親会会費(01:懇親会参加、02懇親会不参加)などの名目を記載ください。
★ATMから振込される場合は、ご氏名の前に、上述の番号を記載してください。(例.学生会員で懇親会参加、氏名「市大 太郎」→0201シダイ タロウ、3,500円)

上記以外の額面で入金されたかたにつきましては、追加徴収などの当日措置をとらせていただきます。
当日は振替受領証をお持ちください。お振込みのあとご返金はできませんので、ご了承ください。

郵便振替の場合、大会参加費振込先は、以下のとおりです。
振込み口座番号: 14090-50103211
口座名称:大阪市立大学西洋中世学会大会
口座名義:オオサカシリツダイガクセイヨウチュウセイガッカイタイカイ

他の金融機関から振り込まれる場合は、以下のとおりです。
銀行名:ゆうちょ銀行
店名:四〇八(ヨンゼロハチ)店 (408)
預金種目:普通
口座番号: 5010321
口座名義:オオサカシリツダイガクセイヨウチュウセイガッカイタイカイ

★食事について
期間中両日とも大阪市立大学の食堂は営業しておりません。
会場案内図・周辺飲食店情報をご参照ください。

学内大会会場付近、ポスター・セッション会場付近には飲料の自動販売機もあります。

★宿泊について
宿泊予約は会員各自でお願いします。
大会会場へのアクセスは

①JR阪和線「杉本町」駅 東出口より徒歩5分、
②大阪メトロ御堂筋線「あびこ」駅3番、4番出口より南西へ徒歩20分

です。詳細は交通案内のPDFをご参照ください。

★ポスター報告者は、作成にあたり、以下のページを参考にしてください。

また、2011年夏に開催された「西洋中世学会 若手支援セミナー企画ポスター・セッション」の報告もご一読ください。

ウェブサイト上からの参加申し込み受け付けは終了しました

イタリア人研究者の来日講演のご案内

学習院大学、名城大学の招聘により、7月に二人のイタリア人研究者の来日講演が学習院大学にて行われます。イタリア史に留まらない枠組みや魅力的なテーマで最先端の中世・中近世史研究をご披露頂きます。懇親会も立食で、研究者の方々と自由にお話し頂ければと考えております。ふるってご参加下さい。7/3の会合は、日本語通訳がつき、懇親会も無料です。
いずれの会合も、研究会、懇親会とも当日受付も可能ではありますが、報告用ペーパー等の関係資料の準備、また7月7日の会につきましては懇親会の人数予約の関係上、会合、懇親会への出席も6月28日(金)頃までにお知らせ頂ければ助かります。

 7月3日、7月7日それぞれにつきまして、会合、懇親会への出席を亀長洋子の下記のメール宛にお知らせ下さい。(イタリア史研究会のメンバーの方は、7月7日の会については藤内先生に会合・懇親会の出席をお知らせ下さい)。

問い合わせ先:学習院大学 亀長洋子(Yoko.Kamenaga@gakushuin.ac.jp)

以下、会合の内容です。

会合1 学習院大学文学部史学科 学習院大学文学会主催

日時 2019年7月3日(水)午後4:30-7:00 
会場:学習院大学北2号館10階大会議室(北2号館は文学部の研究棟です)
    東京都豊島区目白1-5-1 JR山手線目白駅駅前
       アクセスマップ:http://www.gakushuin.ac.jp/univ/etc/access.html
キャンパスマップ:http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html
講演:Serena Ferenteセレナ・フェレンテ氏
      ※ロンドン大学キングスカレッジ人文学部歴史学科準教授(中世後期・ルネサンス講座担当)・学習院大学客員研究員
       氏の経歴や業績については、
       https://www.kcl.ac.uk/people/serena-ferente
講演題目
    Le donne e lo stato nell’Italia tardo-medievale
      (中世後期イタリアにおける女性と国家)
(イタリア語、通訳あり。6時過ぎより学習院大学内で無料懇親会)

会合2 第7回イタリア史研究会(旧関西イタリア史研究会から改名)

日 時:2019年7月7日(日) 午後1時~5時30分頃
会 場:学習院大学北2号館10階大会議室(北2号館は文学部研究棟です)
   東京都豊島区目白1-5-1 JR山手線目白駅駅前
   アクセスマップ:http://www.gakushuin.ac.jp/univ/etc/access.html
   キャンパスマップ:http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html
      ※当日は日曜で入口が施錠されている可能性があります。その場合は、入口に掲示している連絡先(亀長洋子先生の携帯)までご連絡ください。
  講 演:英語・通訳なし
1 セレナ・フェレンテSerena Ferente氏
     A borderland of Europe: a microhistory of the
       fifteenth-century Black Sea
      ※ロンドン大学キングスカレッジ人文学部歴史学科準教授(中世後期・ルネサンス講座担当)・学習院大学客員研究員
https://www.kcl.ac.uk/people/serena-ferente
 2 カルロ・タヴィアーニCarlo Taviani氏
Genoese Merchant Traders and Long-distance Capital between Africa and the New World (ca. 1450-1530)
      ※在ローマ・ドイツ歴史研究所研究員・名城大学客員研究員
http://dhi-roma.it/index.php?id=taviani&L=11
夕食会:「牛タン酒処 舌心 目白」(豊島区目白3-14-6 tel:050-3468-9222)
イタリア史研究会で予約。5000円程度を予定。
    立食ですので報告者等とのご歓談を皆様十分にお楽しみ下さい。

第10回日韓西洋中世史研究集会

第10回日韓西洋中世史研究集会 


(The 10th Japanese-Korean Symposium on Medieval History of Europe)

主催:第10回日韓西洋中世史研究集会準備会

後援:西洋中世学会、早稲田大学グローバルアジアリサーチセンター

開催日程: 2019年8月22日―23日

会場: 早稲田大学(早稲田キャンパス)

  1. 研究集会テーマ:中世ヨーロッパのコミュニケーション――その諸局面

    (Medieval Communication: Some Aspects)

  2. 研究集会日程

    8月21日(水) 18:00: 歓迎会 (大隅会館)

    8月22日(木) (早稲田大学7号館、205番教室)

     第1日目 午前

     9:30 開会の辞

    9:45
    Bee, YUN
    Medieval Political Thought and the Study of the Visual Images.

    11:00
    Toshiyuki CHIBA
    Replicated Jerusalem. Architectural Copies of Holy Sepulchre in Medeival Europe.

 12:00 昼食

第1日目 午後

13:30
Sang-Dong LEE
The Visual Communication of Stained Glass Windows and the Cult of St. Thomas Becket.

14:30
Sono MORISHITA
Reading Texts and Images of Medieval Anchoresses in England.

16:00
JI-Hoon GU
The Artistic Progress in the Age of Giovanni II Bentivoglio at Bologna.

17:00
Yoko KAMENAGA-ANZAI
The Genovese in their Colonial World

8月23日(金)
第2日目 午前

9;00
Yong-Jin HONG
Langue et politique à la cour de Philippe VI et de Jean II

10:00
Kotaro TODOROKI
Communicate in order to govern the Realm of France: an Administrative Inquisitor under the Reign of the Last Capetians.

   11:15
Jong-Kuk NAM
The Mongol Envoy to Pope Benedict XII by the Great Khan in 1333.

           第2日目 午後

13:30
Mamoru FUJISAKI
Diplomatic Communication between the Popes and the Khan until 1270s

14:30
Yong-Jim PARK
Travel Account of Missionaries and the Reader in the Late Medieval Europe

15:45
Yu ONUMA
The Great Khan: Observed and Imagined.

16:50
Closing Address Baik-Yong SUNG

18:30 Farewell Dinner

備考

  • 日本側報告者は、すべて西洋中世学会会員

レクチャーコンサート「Hispania vetus—中世スペインの聖歌と典礼—」

立教大学教会音楽研究所2019 年度春学期 レクチャーコンサート
「Hispania vetus―中世スペインの聖歌と典礼―」
が開催されます。
https://www.rikkyo.ac.jp/events/2019/07/mknpps000000uv5q.html

2019 年 7 月 20 日(土)18:30~20:00(18:15 開場)

於・立教学院諸聖徒礼拝堂(立教大学・池袋キャンパス)

講師・指揮 杉本 ゆり
リコーダー 須藤 みぎわ
ヴィオラ・ダ・ガンバ 坪田 一子
ソプラノ 上出 朝子
ソプラノ/ゴシックハープ 名倉 亜矢子
合唱/古楽器アンサンブル ラウデージ東京

演奏曲
Tres Pueri, Gustate et videte
三人の若者の歌 味わい 見よ 主の慈しみを (モサラベ典礼より)
Congaudeant Catholichi
全カトリック教徒よ 喜べ (ヤコブ典礼より)
O virgo, Cuncti simus
おお 輝ける聖処女 皆声合わせて歌おう (モンセラート写本より)
-他-
定員・200 名 参加費・無料 お申込み・不要