2019年度西洋中世学会若手セミナー 参加登録開始

3月12日に東京大学(本郷キャンパス)で、2019年度西洋中世学会若手セミナー「西洋中世学研究者のためのデジタル・ヒューマニティーズ入門」を開催します。参加希望者は、以下の登録フォームから事前登録をお願いします。

・日時:2020年3月12日(木)13:30–17:30
・会場:東京大学本郷キャンパス 経済学研究科学術交流棟(小島ホール)1F第2セミナー室
・定員:60名程度
・参加費:無料
・コンピュータ技術に関する予備知識は必要ありません
・必ずご自身のノートパソコンをご持参ください(eduroamまたは東京大学のネットワークに接続可能です)

 

事前参加登録制(2020年3月6日まで):登録フォーム: 

 

 

【開催主旨】
情報通信技術の発達は人文学研究にも大きな影響を及ぼし、デジタル・ヒューマニティーズ(DH)という研究領域が広がりをみせています。DHの起源が、イエズス会研究者であるロベルト・ブサ神父(1913—2011)が1949年にIBM社と共同でおこなったトマス・アクィナスの著作の索引作成にあるとしばしば指摘されるように、実は西洋中世学とDHの関わりは長い歴史をもっています。
 この若手セミナーでは、人文学のテクストを機械可読形式で構造化するTEI(ティーイーアイ)、およびデジタルアーカイブ間での画像の相互運用を促進するIIIF(トリプルアイエフ)という、テクスト・画像それぞれに関わる国際規格を中心として、西洋中世学にデジタル技術を適用するための基礎を学ぶことを目的とします。
 デジタル技術を用いる研究手法は、文学、哲学、歴史学、美術史学、音楽学、写本学など、さまざまなディシプリンにおける「アナログな」手法に取って代わるものではなく、相互補完的な関係にあります。人文学のさまざまな領域に深く関わるこのテーマを取り上げることにより、研究内容・研究方法の学際性な共有を促進することもねらいとしています。さらに、このようなデジタル技術が人文学の営みをどのように変えていく/いかないのかについて、みなさんと議論できればと考えています。
 
【プログラム】
13:30 – 13:50 趣旨説明
纓田宗紀(東京大学大学院/アーヘン工科大学)
13:50 – 15:10 TEI – 文字史料をマークアップしてみる
小風尚樹(東京大学大学院)・永崎研宣(人文情報学研究所主席研究員)
15:30 – 16:50 IIIF – 西洋中世写本の画像を加工してみる
小川潤(東京大学大学院)・中村覚(東京大学情報基盤センター助教)
17:00 – 17:30 ディスカッション

【関連文献・サイト】
永崎研宣「デジタル文化資料の国際化に向けて:IIIFとTEI」『情報の科学と技術』(67-2、2017年)、61-66頁
後藤真・橋本雄太編『歴史情報学の教科書:歴史のデータが世界をひらく』文学通信、 2019年
京都大学人文科学研究所・共同研究班編、永﨑研宣著『日本の文化をデジタル世界に伝える』樹村房、2019年
TEI(Text Encoding Initivative)
人文学オープンデータ共同利用センター(CODH):顔貌コレクション(顔コレ)
 
共催:
歴史家ワークショップ
Tokyo Digital History
 
お問い合わせ先:纓田宗紀 soki.oda at gmail.com

西洋中世学会大会 シンポジウム・テーマ募集のお知らせ

西洋中世学会第13回大会 (2021年6月開催予定)あるいはそれ以降の大会のシンポジウム・テーマを募集します。西洋中世研究の各分野にまたがる包括的なテーマをご提案ください。

その際、可能ならばコーディネーター候補者のお名前も挙げていただければ幸いです(提案者がコーディネーターに立候補していただくことも可能です)。

テーマ名、コーディネーター候補者名は(提案者名をそえて)2020年1月15日 (水) までに事務局 (office.jsmes@gmail.com) までお寄せください。

ちなみに過去の大会シンポジウムのテーマは以下の通りです(コーディネーターは (C) と標記しています)。

  • 2009年度 21世紀の西洋中世学
  • 2010年度 メディアと社会 (C:大黒俊二)
  • 2011年度 ヨーロッパとイスラーム―文化の翻訳 (C:山本芳久)
  • 2012年度 中世とルネサンス (C:伊藤博明)
  • 2013年度 ローマの遺産 (C:金沢百枝)
  • 2014年度 西洋中世写本の表と裏―写本のマテリアリティと西洋中世研究 (C:松田隆美)
  • 2015年度 托鉢修道会―中世後期の信仰世界 (C:赤江雄一)
  • 2016年度 西洋中世の〈知的中心〉としてのパリに、何が生じていたのか (C:岡崎敦)
  • 2017年度 映像化される中世─語り継がれる史実とフィクション─ (C:図師宣忠、世話人: 大黒俊二、松本涼)
  • 2018年 カロリング期の記憶 (C:菊地重仁)
  • 2019年 中世のユダヤ人―時空の彼方に― (C: 佐々木博光)
  • 2020年 中世における感情と情念 (仮)予定 (C: 山内志朗)

ポスター報告募集のお知らせ

2020年度 第12回西洋中世学会大会 ポスター報告申込受付のご案内

西洋中世学会会員の皆様

西洋中世学会第12回大会 (2020年6月20日(土)、21日(日) に富山大学において開催予定) でのポスター報告の申し込みを受け付けます。

ポスター報告は幅広い年齢層の、幅広い研究交流の場となることを意図しています。また、個人研究のほか、科研費プロジェクトの紹介、進行中の研究の報告なども可とします。

受付は2020年2月28日(金)を締め切りとします。「西洋中世学会大会 ポスター報告申込フォーム」に必要事項を記入してお申し込み下さい。なお審査の結果、場合によってはご希望にそえないこともありますので、ご承知おき下さい。

本学会ではこれまで若手支援セミナーおよび大会でポスター報告を開催し、有益な成果を得てきました。とはいえ、ポスター報告は人文系の学会ではまだあまり一般的ではない発表形式です。ポスター報告希望者は、「ポスター作成についてのガイドライン [外部サイト]*」をぜひご覧になって参考にしてください。

また、一般参加者の方も一読されると、ポスター報告がどのようなものなのか、ご理解いただけると思います。

なお、ポスター報告者確定後 (2020年3月頃)、200字程度の報告要旨(和文)と英語タイトルをお願いする予定ですので、あらかじめご了承ください。また第12回大会でも引き続きポスター賞の審査を実施します。ポスター賞については http://medievalstudies.jp/award/ をご覧くだり、エントリーするかどうかフォームの該当の欄で示して下さい。

西洋中世学会大会 ポスター報告申込フォーム

https://forms.gle/i4D8tyU3S8EKU7yB9

第12回大会では自由論題報告が行われ、こちらへの応募はすでにいったん締め切っています。同一の方が自由論題報告とポスター報告の両方に申し込むことは可能ですが、審査の結果あるいは会場の都合により、どちらか一方にしていただくこともあります。あらかじめご了承ください。

ポスター報告が採択された場合(第11回の時と同様に)ポスター賞にエントリーした者は、ポスターのデータを事前に送っていただくことになります。その点、あらかじめご理解いただければ幸いです。