ヴィヴィアン・プリジャン博士来日講演会・シンポジウム

 2019年10月に立教大学国際学術交流招へい研究員としてヴィヴィアン・プリジャン博士が日本に招聘される。それに伴い立教大学・大阪市立大学において公開講演会・シンポジウムが開催される。
 プリジャン博士は1971年生まれ。パリ第4大学のジャン=クロード・シェネ教授のもとで2006年に博士号を取得後、パリのフランス国立科学研究センター(CNRS)のビザンツ歴史・文明センターで専門研究員をつとめる。20016-19は在オックスフォード・フランス研究所(Maison française d’Oxford)の研究員。専門はビザンツ印章学ならびにビザンツ支配下の南イタリア史。主要編著に『イタリアにおけるビザンツの遺産』(L’héritage byzantin en Italie (VIIIe-XIIe siècle), 4 tom. Rome: Ecole française de Rome, 2012-17)がある。来日経験もある著名な詩人クリスティアン・プリジャンを父とし、日本文化にも造詣が深い。現在企画進行中の海外機関における日本古貨幣のカタログ(Ancient Japanese Coinage)作成に関するアドバイザーもつとめる予定である。
 お問い合わせは小澤宛へ(m-ozawa@rikkyo.ac.jp)。

プログラムPDF[日本語版] Programme PDF [English Version]

“ヴィヴィアン・プリジャン博士来日講演会・シンポジウム” の続きを読む

Latest Programme for The 10th Japanese-Korean Symposium on Medieval History of Europe

We are happy to announce the latest programme for The 10th Japanese-Korean Symposium on Medieval History of Europe is out. The theme for this year is Medieval Communication: Some Aspects. 

Waseda University (Waseda Campus, Building 7, Room 205)

21-23th August, 2019 (Click the title for the programme)2019 第10回日韓西洋中世史シンポジウム (西洋中世学会WEB告知)

第10回日韓西洋中世史シンポジウム開催のお知らせ(最新プログラム)

2019 第10回日韓西洋中世史シンポジウム (西洋中世学会WEB告知)2019年8月21日(水)―23日(金)早稲田大学(早稲田キャンパス、7号館205番教室)にて、第10回日韓西洋中世史シンポジウムが開催されます。シンポジウムのテーマは「中世ヨーロッパのコミュニケーション―その諸局面」

最新のプログラム(PDF)は上記タイトルをクリックして下さい。

皆さまのご参加をお待ちしています。
23日にはレセプションもあります。参加ご希望の方は事前申し込みが必要です。

第10回日韓西洋中世史シンポジウムは無事終了いたしました。みなさまのご協力に感謝いたします。シンポの様子はこちらをご覧ください。