西洋中世学ニュース

西洋中世学に関するイベント等の情報をお寄せください。
サイトトップおよびこのページのフォームから投稿できます。

事務局で掲載の可否を確認ののち、問題ない場合に掲載します。

講演会「原罪は人間に何をもたらしたのか」

講演会「原罪は人間に何をもたらしたのか」開催のお知らせ

このたび上智大学中世思想研究所主催で下記の講演会を開催することとなりました。

「原罪は人間に何をもたらしたのか―トマス・アクィナスとドゥンス・スコトゥス―」

日時:2018年3月3日(土)13:20-16:50(開場13:00)
会場:上智大学四谷キャンパス2-509教室(2号館5階)
連絡先:上智大学中世思想研究所 imdthght@sophia.ac.jp/03-3238-3822

講演者1:山口雅広(龍谷大学)
演題:トマス・アクィナスにおける原罪と救済の意味について
講演者2:辻内宣博(東洋大学)
演題:ドゥンス・スコトゥスにおける原罪と倫理
コメンテーター:矢内義顕(早稲田大学)
質疑応答・司会:佐藤直子(当研究所所長)

※入場無料。事前参加申込は不要です。
※中世思想研究者のみならず他分野の研究者の方、学生の皆様、一般の皆様のご参加も歓迎いたします。
※当日は新宿通り沿いの北門が閉まっておりますので、外堀沿いの正門よりお越しください。

詳細は中世思想研究所Webサイト(下記URL)をご覧ください。
http://imdthght-sophia.sakura.ne.jp/

第5回リサーチ・ショーケース開催のご案内

2月22日(木)に第5回リサーチ・ショーケースを開催いたします。

Historians’ Workshopでは、外国語で学問的コミュニケーションを行う機会を提供するため、リサーチ・ショーケースを開催してきました。

発表・質疑応答をすべて外国語で行うことで、発表者・参加者の双方が外国語での学問的コミュニケーションを実践することができます。

2017年3月には、若手セミナーとして西洋中世学会版のリサーチ・ショーケースも開催されました。

第5回となる今回は、修士課程の学生からポスドクまで7人が登壇します。また、講評者としてMaria Pia Paganelli (Trinity University, Texas)、井野瀬久美惠(甲南大学)の両氏を招き、使用言語を英語に限定して開催します。

今回は近代史の発表が主となりますが、英語での発表スキルの向上をめざす全ての歴史研究者に開かれた会にしたいと考えていますので、ぜひご参加ください。

※ 詳しくは以下のサイトをご覧ください。ポスターもダウンロード可能です。
https://historiansworkshop.org/category/research-showcase/

***************************************************
日時:2018年2月22日(木) 17:30~20:00
会場:東京大学本郷キャンパス小島ホール2階 第3セミナー室
( http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/about/access/campusmapj.pdf )
フォーマット:一人あたり、発表8分+質疑応答7分
使用言語:英語
参加費:無料
***************************************************

連絡先 (以下のアドレスの [at] を @ に入れ替えてスペース等を詰めてつかってください)
赤江雄一 y.akae [at] flet.keio.ac.jp
小風尚樹 xiao3feng10324 [at] yahoo.co.jp
正木慶介 keisukemasaki [at] aoni.waseda.jp
松本 涼 matumoto [at] fpu.ac.jp
山本浩司 kyamamoto [at] e.u-tokyo.ac.jp

セドリック・ジロー先生(フランス・ロレーヌ大学上級准教授)の講演会・セミナー

先生方におかれましては穏やかな新年をお迎えになられたこととお慶び申し上げます。

筑波大学の津崎良典先生からご案内いただきました、ジロー先生の講演会等についてお知らせしたく、お便りいたします。

2月13日(火) 筑波大学大学院人文社会科学研究科哲学・思想専攻主催 第五回フランス語によるフランス哲学セミナー「〈プレイヤッド叢書〉中世キリスト教霊性詞華集の編纂に挑む ー 文学と霊性のあいだで ー」(筑波大学東京キャンパス557ゼミ室(5階)、16時ー18時)

2月15日(木) 筑波大学大学院人文社会科学研究科哲学・思想専攻主催 セドリック・ジロー学術講演会「中世から近世までのキリスト教的瞑想 ー 信心 devotio と観想 contemplatio のはざまで ー」(筑波大学筑波キャンパス人文社会学系棟A722会議室(7階)、15時ー18時)

2月17日(土)  上智大学神学部 / 上智大学文学部フランス文学科 / 筑波大学大学院人文社会科学研究科哲学・思想専攻共催 セドリック・ジロー学術講演会「中世キリスト教霊性における〈情動性 affectivité〉」(上智大学四谷キャンパス2号館410教室、16時45分ー19時)

詳細は次のサイトからポスターをご確認ください。
http://imdthght-sophia.sakura.ne.jp/?post_type=news

早稲田大学ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所の第二十四回研究会研究会

「早稲田大学高等研究所セミナーシリーズ〈新しい世界史像の可能性〉」との共催となります。
報告内容は以下の通りです。

日時 2018年1月20日(土)14:00-17:30
場所 早稲田大学戸山キャンパス39号館5階第五会議室
全体のテーマ 「モノをめぐる歴史のこれまでとこれから」

報告(1)菅原裕文(金沢大学准教授)
「カッパドキア研究の現在と展望
―美術史研究におけるヴァーチャル・リアリティーの可能性― 」

報告(2)黒田祐我(神奈川大学准教授)
「中世と近現代との「対話」
―アンダルス(イスラーム・スペイン)の遺したモノをめぐる議論のゆくえ―」

ブログ
http://iemrs.blog111.fc2.com/

よろしくお願い申し上げます。

1 / 5712345...Last »