西洋中世学ニュース

西洋中世学に関するイベント等の情報をお寄せください。
サイトトップおよびこのページのフォームから投稿できます。

事務局で掲載の可否を確認ののち、問題ない場合に掲載します。

David and Anna Sapir Abulafia両教授講演会

それぞれ西洋中世の宗教史と海洋史をリードするアブラフィア夫妻が来日します。以下の講演会が予定されておりますので、お誘い合わせの上どうぞご参集ください。

講演タイトル:The Contested Seed of Abraham(争われる種/起源としてのアブラハム)
講演者:アンナ・サピア・アブラフィア(オックスフォード大学神学宗教学部教授)
講演内容:
 本講演では、3つの一神教をさす「アブラハムの宗教」(Abrahamic Religions)という用語の内実と有効性について論じる。その際キリスト教徒、ユダヤ教徒、イスラム教徒のあいだで、それぞれのアイデンティティを相互に規定する歴史的状況の意義を、グローバルな文脈のなかで考察する。
講演者略歴:
 1952年生。主要業績に、(ed. with G. R. Evans), The Works of Gilbert Crispin, Abbot of Westminster (Oxford U.P., 1986); Christians and Jews in the Twelfth-Century Renaissance (Routledge, 1995); (ed.), Religious Violence between Christians and Jews: Medieval Roots, Modern Perspectives (Palgrave MacMillan, 2002); Christian-Jewish Relations, 1000-1300: Jews in the Service of Medieval Christendom (Routledge, 2011) がある。
日 時:2017年6月9日(金)17時-18時(講演後質疑応答)
場 所:東京大学本郷キャンパス法文1号館214番教室
言 語:英語(翻訳原稿あり)
司 会:高山博(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
主 催:KAKEN(課題番号15KK0062)
後 援:西洋中世学会
連絡先:小澤実(立教大学文学部准教授)E-mail:m-ozawa@rikkyo.ac.jp

講演タイトル:How to Write the History of the Sea(いかにして海洋史を叙述するか)
講演者:デイヴィッド・アブラフィア(ケンブリッジ大学歴史学部教授)
講演内容:
 本講演では、2011年に刊行された800頁を超える大著The Great Sea: A Human History of the Mediterranean (Penguin Books, 2011)に基づき,紀元前2万2000年から2010年までの地中海の歴史を事例として、歴史学としての海洋史・海域史研究へのアプローチについて考察する。
講演者略歴:
 1949年生。主要業績に、The Great Sea. A Human History of the Mediterranean (Penguin Books, 2011); The Discovery of Mankind: Atlantic Encounters in the Age of Columbus (Yale U.P., 2008); (ed.), Italy in the Central Middle Ages, 1000-1300 (Oxford U.P., 2004); The Western Mediterranean Kingdoms, 1200-1500: The Struggle for Dominion (Longman, 1997); Frederick II: A Medieval Emperor (Oxford U.P., 1988); The Two Italies: Economic Relations between the Norman Kingdom of Sicily and the Northern Communes (Cambridge U.P., 1977)ほか。
日 時:2017年6月10日(土)13時10分-14時10分
場 所:東京大学本郷キャンパス法文2号館
言 語:英語(日本語訳投射予定)
司 会:高山博(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
主 催:地中海学会
連絡先:地中海学会事務局:coll.med@nifty.com
参加費:会員1,000円、非会員2,000円(2日間)/[記念大会特別]非会員1日のみ1,000円

Historians’ Workshop 開催のお知らせ

日本西洋史学会後の5/21(日)に、同じ一橋大学を会場として歴史家ワークショップが開催されます。

Historians’ Workshop
How to get your articles published

日時:2017年5月21日(日)17:15-19:45【終了時刻は予定】
会場:一橋大学国立西キャンパス 職員集会所
http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/(地図の8番)

スピーカー
鶴島博和 (中世イングランド史・熊本大学)
大場はるか(近世ドイツ史・久留米大学)
高橋亮介 (古代ローマ史・首都大学東京)
山本浩司 (近世イングランド史・東京大学)

趣旨
 近年、日本の西洋史研究者と海外の研究者との交流はますます盛んになり、外国語での論文執筆や海外の雑誌への投稿も、以前より身近になってきています。しかしながら、どのような方法で投稿すればいいのか、編集者とどのようなやり取りがあるのか、そもそも外国語での論文執筆のコツや注意点は何かなど、基本的な情報は必ずしも共有されていないように思われます。
 そこで、西洋史研究者が海外に一歩踏み出すことをイメージできるように、さまざまな点で海外と積極的にかかわってきた4名の研究者のご協力を得て、本ワークショップを企画いたしました。海外での研究や海外の研究者との協働、また外国語での研究成果の公表について、ご経験に基づく具体的なお話を伺える貴重な機会です。
 大学院生を含め、多くの研究者のご参加をお待ちしております。

交流会
 ワークショップ後、同会場にて交流会を企画しております(参加費として500円いただく予定です)。ワークショップよりもさらに肩肘張らないフランクな雰囲気で、いろいろと意見交換しつつネットワーキングができればと考えております。ぜひご参加ください。

主催:Historians’ Workshop https://politicaleconomyseminar.wordpress.com/

企画者(連絡先):
 正木慶介(近代イギリス史・早稲田大学)keisukemasaki@aoni.waseda.jp
 佐々井真知(中世イングランド史・中部大学)msasai@isc.chubu.ac.jp

早稲田大学高等研究所〈新しい世界史像の可能性〉セミナーシリーズ研究会

中近世ヨーロッパにおける教会法、教会法学者と社会

【日時】2017年3月28日(火) 13:30~17:00
【場所】早稲田大学戸山キャンパス 39号館6階 第七会議室
【プログラム】
13:30 趣旨説明: 甚野尚志 (早稲田大学文学学術院教授)
13:40 報告1 : 小林亜沙美(レーゲンスブルク大学講師)
「教皇庁の代理人裁判権の実態」
14:30 質疑応答
15:10  休 憩
15:30 報告2 : 松森奈津子(静岡県立大学国際関係学部准教授)
「反マキァヴェリズムにみる『有用な統治』と『善き信仰』―ボテロ、スアレス、リバデネイラを中心に」
16:20 質疑応答
17:00 閉会

西ユーラシア貨幣史研究会国際シンポジウム 開催のお知らせ

西ユーラシア貨幣史研究会国際シンポジウム
“The medieval monetary world: money, mint and moneyer(temporary)”
URL: http://www.rikkyo.ac.jp/events/2017/03/18684/

-近代以前の貨幣システムを問い直す-
貨幣は,権力,社会,経済と流通,といった社会構造全般を深いところで規定すると同時に,国家的権力や社会的枠組みを超えて世界的レベルで流通する血液であった。したがって貨幣は世界史的レベルで検討していかなくてはならない課題でもある。
本シンポジウムでは,イギリスとドイツから指導的な研究者を招いて,近代以前の貨幣システムを議論する。

【日時】2017年3月18日(土)9:30~18:30
【会場】池袋キャンパス 10号館2階 X204教室
*キャンパスマップ:http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/
*交通アクセス:https://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/
講師
Dr. Adrian Popescu (The Fitzwilliam Museum)
Dr. William Day (The Fitzwilliam Museum)
Dr. Rory Naismith (King’s college,University of London)
Professor Markus A.Denzel (Univeristy of Leipzig)

コーディネーター・司会者
鶴島 博和 氏(熊本大学教育学部教授)
コーディネーター
菊池 雄太 (立教大学経済学部准教授)

当日プログラムの詳細については添付ファイルをご確認ください。
シンポジウムへの参加は無料,申込不要です。
懇親会を18:30~20:30に開きますので,こちらにも是非ご参加ください(会費5000円,会場:Tante Grazie)。
懇親会出席希望の方は,3月4日(土)までに菊池(ykikuchi@rikkyo.ac.jp)へご連絡をお願い致します。

使用言語は英語で,全体を通じての通訳はありませんが,翻訳原稿をご用意しています。また適宜日本語での要約をはさみ,質疑に際しては通訳を行います。

【主催】日本学術振興会科学研究費助成事業基盤研究A「前近代ユーラシア西部における貨幣と流通のシステムの構造と展開」(研究代表者・鶴島博和)
【共催】立教大学経済学部

【問い合わせ】菊池雄太(立教大学経済学部)ykikuchi@rikkyo.ac.jp

1 / 5012345...Last »