西洋中世学ニュース

西洋中世学に関するイベント等の情報をお寄せください。
サイトトップおよびこのページのフォームから投稿できます。

事務局で掲載の可否を確認ののち、問題ない場合に掲載します。

国際シンポジウム The Book in Transition

平成29年度 慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート創造クラスター
「西洋初期印刷本の書誌学的研究成果を統合する画像付きデータベースの構築」プロジェクト主催
国際シンポジウム「The Book in Transition, the East and the West」のご案内

本プロジェクトではこの度、インキュナブラ(ヨーロッパ初期刊本)研究の世界的権威であるポール・ニーダム博士をお迎えし、東洋と西洋における、中世末期から近世の書物製作と受容に関する国際シンポジウムを開催いたします。ニーダム博士の来塾は、慶應義塾大学にグーテンベルク聖書が収蔵された1996年以来となります。
各国の第一線で活躍する研究者による発表と、フロアーを交えたRoundtable Discussionを通して、東西の書物のあり方や多様な研究アプローチ、今後の研究の可能性について検討します。また会場では、体験型展示”Transition of Book Production”も開催します。シンポジウムの詳細は下記をご参照ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

The Book in Transition, the East and the West

ウェブサイト:https://sites.google.com/keio.jp/booktrans/home
日時:2017年12月9日(土)10時45分~18時頃(受付開始 10時)
場所:慶應義塾大学三田キャンパス東館6・7階 G-SEC Lab
参加無料・事前申し込み要:詳しくはウェブサイトをご覧ください。(12月5日までにお願いできますと幸いです)。
言語:英語(一部日本語発表あり。質問、ディスカッション等は日英両方可。)

*以下は現段階での情報です。最新版についてはウェブサイトをご覧ください。

–基調講演–
ポール・ニーダム氏(プリンストン大学・シャイデ図書館研究員)
“The Gutenberg Bible Family: Cousins, Children, and Grandchildren.”
佐々木孝浩氏(慶應義塾大学斯道文庫教授)
“The Early Period of Japanese Books in Moveable Type: Relationships between Manuscript and Print.” 日本の初期活字印刷本について―写本と版本の関係を中心に―

–ケーススタディ発表者–
ウバルド・イアッカリーノ(ナポリ東洋大学)
佐藤龍一郎(東京大学)
ヤーツェク・ソシンスキー(L. & A. Birkenmajer Institute for the History of Science, Polish Academy of Sciences)
ハン・リン(杭州師範大学)
イーチュン・リュウ(ポルト大学/プラハ・カレル大学)
ラファエル・モーレン(ロンドン大学/ウォーバーグ研究所)
雪嶋宏一(早稲田大学)

ブノワ・グレヴァン氏講演会(国立民族学博物館)

ブノワ・グレヴァン氏(CNRS)の講演会が下記の日程で開催されます。
皆様ふるってご参加ください。

講演題目:「言語学と魔術のはざまで:中世ヨーロッパ・中東・北東アジアをつなぐ漢字の「力」
日時:2017年11月14日(火)15:30~17:00
場所:国立民族学博物館 本館2階 第3セミナー室
詳細:https://www.dropbox.com/s/8othw20gbqnvahc/poster3.jpg?dl=0
なお、グレヴァン氏はメネストレル主催の若手研究セミナー《中世学のネットワークとツール》と、国際シンポジウム《中世における文化交流―対話から文化の生成へ―》でも、ご発表されます。どちらも要登録となっておりますので、参加ご希望の方は、menestrel2017@yahoo.co.jpまでご連絡下さい。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

開催場所:大和文華館(奈良県)http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/
日時:2017年11月17日(金)~19日(日)
最終版日本語プログラム:http://www.menestrel.fr/IMG/pdf/programme_nara_2017-09-25_japonais_.pdf
日本語版ポスター:http://www.menestrel.fr/IMG/pdf/affiche_jp_-1_28sept.pdf
日本語版チラシ:http://www.menestrel.fr/IMG/pdf/flyer_jp_-1_28sept.pdf
若手研究セミナー発表要旨(英文):http://www.menestrel.fr/IMG/pdf/summaries_of_the_presentations_en_-_afternoon_medievalists_and_their_networks_nara_17_nov_2017.pdf
国際シンポジウム発表要旨(欧文):http://www.menestrel.fr/IMG/pdf/resumes_des_communications_fr-en_-_colloque_nara_18-19_nov_2017.pdf
国際シンポジウム発表要旨翻訳(和文):http://www.menestrel.fr/IMG/pdf/resume_jp_.pdf

アルバン・ゴティエ博士公開講演会「シャルルマーニュの食卓で」

下記の要領で公開講演会を開催します。

***

公開講演会「At Charlemagne’s Table: Eating and Drinking in Carolingian Times[カール大帝の食卓で。カロリング期の飲食]」
講演者:アルバン・ゴティエ(Alban Gautier, Associate professor of University of Caen, Normandy)

日時:2017年11月9日(木)18:30-20:00
場所:立教大学池袋キャンパス14号館D602教室
入場無料、事前申込不要、使用言語:英語(原稿配布)

概要:
近年、前近代における食の歴史の研究に関心が高まっている。歴史社会の中に食を置き直し、社会経済的な数値データの再現のみならず、食の機能や象徴的意味を読み取る試みである。とりわけ初期中世という時代においては、同時代の歴史文献や文学作品の検討に加え、考古学による発掘成果に対し動物学・植物学・栄養学などの方法が適用されるようになり、新しいデータを得られつつある。本講演では、カール大帝の時代における貴族層の食生活の実相を、中世の食の歴史の専門家であるゴティエ博士に論じていただく。

講師略歴:
アルバン・ゴティエ:1975年生まれ。リル第三大学で博士号を取得したのち、オパル海岸大学講師をへてカン大学准教授。初期中世史・アングロサクソン史・食の歴史。主著に、Le festin dans l’Angleterre anglo-saxonne, Ve-XIe siècle, Presses Universitaires de Rennes, 2006; Alimentations medievales, Paris:Ellipses, 2009; Asser : Histoire du roi Alfred. Pr.sentation et traduction de Alban Gautier d’apres l’edition de William Henry Stevenson (1904), Paris: Les Belles Lettres, 2013 (Les Classiques de l’Histoire au Moyen Âge, vol. 52); Beowulf au paradis. Figures de bons paiens dans l’Europe du Nord au haut Moyen Âge, Paris: Publications de la Sorbonne, 2017.

主催:立教大学文学部史学科
共催:科研費国際共同研究加速基金(国際共同研究)(課題番号15KK0062;小澤実)
問い合わせ先:小澤実(m-ozawa@rikkyo.ac.jp)

フィリップ・ビュック教授公開講演会「中世の戦争と宗教を比較する」

下記の要領で公開講演会を開催します。

***

公開講演会「Medieval Warfare and Religion in Comparative Perspective(中世の戦争と宗教を比較する)」
講演者:フィリップ・ビュック(Philippe Buc, Professor of University of Vienna)

日時:2017年11月21日(火)18:30-20:30
場所:立教大学池袋キャンパス12号館第3・4会議室
入場無料、事前申込不要、使用言語:英語(原稿配布)

概要:
前近代社会において、信仰と戦争はどのような関係を持っていたのだろうか。歴史家が、あらゆる人間社会でおこりうる戦争という現象を、文化的普遍主義もしくは人類学的普遍主義にもとづき比較した場合、そこには様々な相違や相同がたちあらわれる。例えば、終末論が戦争の性質とそのシナリオにどのように影響をするか、宗教的配慮が戦争捕虜の扱いや敵のイメージにどのように作用するか、宗教的地位の差異がどのようなかたちで戦争へ反映するか、痛みや傷は禁欲主義を経験した文化とそうでなかった文化でどのような違いを生みだすのか、戦闘における、または戦闘の結果としての死の意味はどのように異なるのか、などである。歴史家は、宗教的観点に基づき歴史を比較することにより、戦争時の人間観や人間のあり方を相対化し現代社会にも示唆を与えることが可能となる。このような中世と現代を往還する内容を、現代を代表する中世史家フィリップ・ビュック教授にご講演いただく。

講師略歴:
フィリップ・ビュック(Philippe Buc):1961年生まれ。パリ社会科学高等研究院のジャック・ルゴフのもとで学位論文を仕上げ、その後、スタンフォード大学教授をへて、2011年よりウィーン大学歴史研究所教授。 現在を代表するヨーロッパ中世史家。主著にL’ambiguïté du livre. Prince, pouvoir, et peuple dans les commentaires de la Bible au Moyen Age (Théologie historique. Band 95), Paris: Beauchesne, 1994; The Dangers of Ritual between Early Medieval Texts and Social Scientific Theory, Princeton UP, 2001; Holy War, Martyrdom and Terror: Christianity, Violence and the West, Philadelphia: University of Pennsylvania Press, 2015. 編著として、Jews and Christians in Medieval Europe : the historiographical legacy of Bernhard Blumenkranz, edited by Philippe Buc, Martha Keil and John Tolan(Religion and law in medieval Christian and Muslim societies, 7), Turnhout: Brepols, 2016ほか論文多数。

主催:立教大学文学部史学科
共催:科研費国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)(課題番号15KK0062;小澤実)
問い合わせ先:小澤実(m-ozawa@rikkyo.ac.jp)

1 / 5612345...Last »