シンポジウム「中世の帝国:ネットワークの諸相」

 前近代の帝国史またグローバル・ヒストリーについて、ネットワーク分析の手法をも駆使しながら数多くの業績をあげている、オーストリア科学アカデミーのヨハネス・プライザ=カペッラ氏が来日することとなった。2019年度西洋史研究会の共通論題では、氏をお招きして、11世紀の諸「帝国」のありかたについて考えてみたい。この時代は、東西のローマ帝国において、安定と危機とが見られる一方、その周辺でも広域的権力の成立と危機とがあった。帝国を成り立たせているさまざまなネットワークのあり方や、比較の観点を意識しながら、この時代が以前から継承したものと、次代に引き継いだものを明らかにして、その意味付けを考えてみたいと思う。

日時:11 月17 日(日)
参加費:1,000 円
会場:立教大学 池袋キャンパス 太刀川記念館 3 階カンファレンスホール (入試のため、大学への入構は正門ではなく北門からのみになります)
主催:西洋史研究会
共催:立教大学文学部、科研費基盤 A「前近代海域ヨーロッパ史の構築:河川・島嶼・海域ネットワークと政治 権力の生成と展開」(研究代表者・小澤実)

趣旨説明 10:00~10:15 有光秀行 (東北大学)
基調報告 10:15~12:30(各報告45 分)
‘Imperial formations in crisis: Byzantium and the Holy Roman Empire in a global context of the 11th century’ 
 Johannes Preiser-Kapeller(オーストリア科学アカデミー)
「ネットワーク化されたスカンディナヴィア世界における海上「帝国」の形成:交易中心地、船舶、イェリング王権 」 
 小澤実(立教大学)
「11 世紀ユーラシア東方における多国体制と『帝国』」 
 古松崇志(京都大学)
昼食休憩 12:30~13:30
コメント 13:30~14:30   高田良太(駒澤大学)・四日市康博(立教大学)
討論 15:00~17:00    通訳:内川勇太(東京大学大学院)
司会 有光秀行・鈴木道也(東洋大学)

【第70回日本西洋史学会】自由論題報告者の追加募集(10月31日締切)

大阪大学の中谷惣先生から、来年度の日本西洋史学会大会の募集を9月末で締め切りましたが、中世史分野の応募が少なかったとのことで、下記の要領で追加募集を行うとのお知らせをいただきました。

***********

日本西洋史学会会員各位

拝啓
錦秋の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
このたび、自由論題報告および小シンポジウム(近世分野)の追加募集を行うこととなりました。下記をご参照の上、ふるってご応募ください。応募締め切りは、2019年10月31日です。提出された報告要旨にもとづいて大会準備委員会において審査を行い、採否を決定いたします。採否の結果は、2019年12月末までに通知する予定です。
なお、近世分野以外の小シンポジウムの応募は締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。
敬具

第70回日本西洋史学会大会準備委員会

【自由論題報告募集要領】

<応募資格>
修士号以上の学位を取得し、かつ刊行された論文が1本以上あること

<報告時間>
報告30分、質疑応答10分

<応募方法>
第70回日本西洋史学会HPの「自由論題報告」のページ(http://www.seiyoushigakkai.org/2020/sessions.html)より≪自由論題報告申込用紙≫(Microsoft Word形式)をダウンロードして、所定の項目を記入の上、下記の応募用アドレスまで、Eメールにファイルを添付してお送りください。

<司会>
採択決定後、報告者本人が内諾を得た上で、司会者の氏名・所属・連絡先を準備委員会までお知らせください。

<応募用アドレス>
seiyoshigakkai70osaka@gmail.com

ヴィヴィアン・プリジャン博士来日講演会・シンポジウム

 2019年10月に立教大学国際学術交流招へい研究員としてヴィヴィアン・プリジャン博士が日本に招聘される。それに伴い立教大学・大阪市立大学において公開講演会・シンポジウムが開催される。
 プリジャン博士は1971年生まれ。パリ第4大学のジャン=クロード・シェネ教授のもとで2006年に博士号を取得後、パリのフランス国立科学研究センター(CNRS)のビザンツ歴史・文明センターで専門研究員をつとめる。20016-19は在オックスフォード・フランス研究所(Maison française d’Oxford)の研究員。専門はビザンツ印章学ならびにビザンツ支配下の南イタリア史。主要編著に『イタリアにおけるビザンツの遺産』(L’héritage byzantin en Italie (VIIIe-XIIe siècle), 4 tom. Rome: Ecole française de Rome, 2012-17)がある。来日経験もある著名な詩人クリスティアン・プリジャンを父とし、日本文化にも造詣が深い。現在企画進行中の海外機関における日本古貨幣のカタログ(Ancient Japanese Coinage)作成に関するアドバイザーもつとめる予定である。
 お問い合わせは小澤宛へ(m-ozawa@rikkyo.ac.jp)。

プログラムPDF[日本語版] Programme PDF [English Version]

“ヴィヴィアン・プリジャン博士来日講演会・シンポジウム” の続きを読む