第64回日本西洋史学会ポスターセッション準備研究会

各位

2014年5月31日(土)ならびに6月1日(日)に立教大学池袋キャンパスにて開催されます第64回日本西洋史学会大会におきまして、ポスターセッションが予定されております(http://www.seiyoushigakkai.sakura.ne.jp/2014/poster.html)。こうした形式のセッションは日本西洋史学会では初めての試みとなりますので、大会運営委員会では大会に先立ちまして、立教大学池袋キャンパスと大阪大学豊中キャンパスにて、デモンストレーションと説明を含む準備研究会を企画しております。ポスターの作成ならびに報告形式に不安のある方はご参加いただけますと幸いです。またこの研究会出席のため出張依頼状が必要な方はあらかじめ下記の連絡先にお申し出ください。

報告内容

1.浦野聡(立教大学)
「元首政後期、非武装属州への兵士導入の意味――アーベイ碑文の新校訂とケマリエ碑文の読み替えから」
2.小澤実(立教大学)
「10世紀末デンマーク王によるルーン石碑建立政策――スヴェン双髭王の事例」
3.青木康(立教大学)
「18世紀イングランド西部の下院議員――議員と選出区の関係をめぐって」
4.高林陽展(清泉女子大学)
「戦間期イギリスにおける精神医療の統治性――クライバリ精神病院におけるソーシャル・ワーク」

日時・場所

準備研究会:東日本の部
日時:2013年9月21日(土)13時・15時
場所:立教大学池袋キャンパス8号館8304教室
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/
準備研究会:西日本の部
日時:2013年10月20日(日)10時・13時
場所:大阪大学豊中キャンパス・文法経講義棟 文41教室
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/toyonaka/toyonaka.html

2013年9月10日

第64回日本西洋史学会大会運営委員会
代表 青木康
HP: http://www.seiyoushigakkai.sakura.ne.jp/2014/index.html
E-mail: nihon.seiyoushigakkai@gmail.com

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所 第四回シンポジウムのお知らせ

日時:2013年9月21日(土) 14:00-18:00
場所:早稲田大学36号館681教室

全体のテーマ:「中世地中海世界における翻訳と文化の伝承」

司会:甚野尚志(早稲田大学文学学術院教授)

報告:
高橋英海(東京大学大学院准教授)
「ギリシア語からシリア語、アラビア語への翻訳―誰が何をなぜ翻訳したのか」

岩波敦子(慶応義塾大学教授)
「地中海からピレネーを越えて 中世ヨーロッパの自然科学 知の受容と伝播」

山本芳久(東京大学大学院准教授)
「トマス・アクィナス『対異教徒大全』の意図と構造」

コメント:村上寛(早稲田大学文学学術院助手)

以下ブログでもご確認ください。
http://iemrs.blog111.fc2.com/blog-entry-70.html
皆様のご参加をお待ちしております。

公開講演会「中近世ヨーロッパにおけるキリスト教の変革」

中近世ヨーロッパにおけるキリスト教の変革
http://www.sal.tohoku.ac.jp/europe/nws-20130928.htm

日時 2013年9月28日(土)
     14:00 ~ 16:00

会場 仙台市青葉区川内27-1
     東北大学川内キャンパス
     文学部5階511号室(予定)


講師・題目

津田拓郎(日本学術振興会特別研究員)
「カロリング期フランク王国における教会改革と司教

永本哲也(東海大学非常勤講師)
「宗教改革の多様性―ルター、ツヴィングリ、再洗礼派―」

        無料 どなたでもご自由に聴講できます

主催: 東北大学文学部西洋史学科同窓会研究懇話会

お問合せ
〒980-8576 仙台市青葉区川内27-1
東北大学文学部ヨーロッパ史研究室
          TEL:022-795-6054
          e-mail: europeアットマークsal.tohoku.ac.jp