「断絶」と「新生」 公開シンポジウム

慶應義塾大学言語文化研究所公募研究
〈「断絶」と「新生」―キリスト教世界とイスラーム世界におけるその多様なあらわれ―〉
公開シンポジウム

断絶を超えて
―前近代のキリスト教世界とイスラーム世界における多様な試み―

趣旨:「終わりはいつも はじまりである」(杉山平一「いま」より)。歴史をふりかえると、さまざまな断絶が訪れている。しかし人間は、数多の困難を抱えつつも、それを克服してきた。本プロジェクトが対象とする一神教文明圏の歴史観には、創造から終末へと至るヴィジョンが内包され、断絶と新生はつねに意識されていた。さらに共同体や個人のレヴェルにおいても、人々は「断絶」を超えて、未来へとつながっていく「新生」を問い続けてきた。ヨーロッパとイスラームの研究者が集い、中世を中心に、多面的に考える。

プログラム:
  14:00~14:10 趣旨説明  神崎忠昭(慶應義塾大学文学部教授 西欧中世史)

  14:10~14:50 講演1  「西洋中世の〈もの〉概念―近代的リアリティの源泉として―」
山内志朗(慶應義塾大学文学部教授 倫理学)

  14:50~15:30 講演2  「中世ムスリムの災害観―スユーティーの地震論を中心に―」
                 長谷部史彦(慶應義塾大学文学部教授 アラブ・イスラーム史)
  15:30~15:45 休憩

  15:45~16:30 コメント(各10~15分)
1)堀越宏一(早稲田大学教育・総合科学学術院教授 西欧中世史)
2)野元 晋(慶應義塾大学言語文化研究所教授 イスラーム思想史)
3)神崎忠昭(慶應義塾大学文学部教授 西欧中世史)

16:30~17:00  討論・質疑応答

日時:2012年12月1日(土)14:00-17:00
会場:慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール
申込:不要   参加費:無料

<お問い合わせ先>
〒108-8345 港区三田2-15-45  慶應義塾大学言語文化研究所
電話:03-5427-1595 (事務室直通)  http://www.icl.keio.ac.jp

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所第十一回研究会

ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所第十一回研究会のお知らせ

第十一回研究会のお知らせをいたします。

日時:2012年11月3日(土)14時より17時30分
早稲田大学戸山キャンパス39号館6階第七会議室
全体のテーマ:「リヴァイヴァル―ヨーロッパ文化における再生と革新」

報告:

伊藤 怜(早稲田大学大学院博士課程)
 11・12世紀ラツィオ美術における「再生」

 藤井明彦(早稲田大学文学学術院教授)
 ドイツ初期印刷本の世界 ─ メディア史・言語史・芸術史の接点を探る

なお、資料代として200円程度をいただいております。
ご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

講演会「アメリカにお​ける中世イタリア美術​研究―過去と現在―」​

皆様

下記の講演会 を開催いたしますので、ぜひともお誘い合わせの上ご出席いただければと存じます。

上智大学史学 主催会講演会(上智大学中世 思想研究所共催)

「アメリカにおける中世イタリア美 術研究 ―過去と現在―Studying Italian Medieval Art in America: Past and Present」
ドロシー・グラス Dorothy Glass氏
メトロポリタン美術館分館クロイスター ズ美術館顧問
国際中世美術研究センター理事
ニューヨーク州立大学元教授

英 語 遂語通 訳付き
日時 2012年11月16日(金)18:30 ~20:00
場所 上智大 学中央図書館8階 821会 議室 (地図以下参照http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya )

西欧中世美術史研究の重鎮であるド ロ シー・グラス氏は、歴史学と美術史学にまたがる手法で、特にイタリア中世美術研究に多大な功績を残してこられました。講演では、ポー ター、ベレンソンにはじまるアメリカにおけるイタリア中世美術研究の変遷について、ご自身の研究の歴史を絡めながらお話しいただきま す。 さらに、現在の研究テーマであるパルマ洗礼堂彫刻図像ついても言及されます。

Dorothy Glass氏略歴
ジョンズ・ホプキンズ大学Ph.D. ボストン大学助教授、ニューヨーク州立大学 バッッファロー校教授歴任主著 The Sculpture of Reform in North Italy, ca 1095-1130: History and Patronage of Romanesque Façades (Aldershot: Ashgate Publishing, Ltd., 2010); Portals, Pilgrimage and Crusade in Western Tuscany (Princeton, NJ: Princeton University Press, 1997); Romanesque Sculpture in Campania: Patrons, Programs and Style (State College, PA: Penn State Press, 1991); Italian Romanesque Sculpture: an Annotated Bibliography (Boston: G.K. Hall & Co., 1983); Studies on Cosmatesque Pavements (Oxford: British Archaeological Reports, 1980). 他多数