マレク・ヤンコヴィアク博士来日講演&ワークショップ

 2017年7月にオックスフォード大学のマレク・ヤンコヴィアク博士が来日します。博士が研究員を務めたオックスフォード大学のプロジェクト「奴隷のためのイスラム銀」(http://krc.orient.ox.ac.uk/dirhamsforslaves/index.php/en/)は、ヨーロッパ・ビザンツ・地中海・西ユーラシアにいたる交易ネットワークの再現を図る壮大なプロジェクトです。当該プロジェクトでヨーロッパ側の分析を担当したヤンコヴィアク博士の一連の報告では、プロジェクトの概要と研究成果を披露していただき、ヨーロッパ半島からユーラシア西部までを視野に入れたグローバルな歴史の語り方を考えてみます。

 ヤンコヴィアク博士は1975年グダンスク生。パリの高等研究実践院で博士号を取得したのち、オックスフォード大学歴史学部講師。専門はビザンツ史、初期中世史、グローバルヒストリー。業績に、(ed. with Federico Montinaro) Studies in Theophanes. Travaux et Mémoires 19(Paris, 2015); (ed. with Felix Biermann) Archaeology of medieval slavery, Themes in Contemporary Archaeology (Maney), 2017; (ed. with Jonathan Shepard and Jacek Gruszczyński) Silver, Slaves and Gotland. Cogs and Drivers in Viking-Age Trade, 2017ほか多数。
 公開講演会は会場に直接足をお運びください。ワークショップに参加される方は小澤宛(m-ozawa@rikkyo.ac.jp)にご一報ください。

①公開講演会
Marek Jankowiak(University of Oxford):
 Dirhams for Slaves: Slave Trade between the Islamic World and Northern Europe in the 9th-10th Centuries(奴隷のためのイスラム銀:9-10世紀におけるイスラム世界と北ヨーロッパの奴隷交易)

日時:7月20日(木)18:30-20:30
会場:立教大学池袋キャンパス14号館D602
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/
司会:小澤実(立教大学)
使用言語は英語。報告原稿の翻訳を配布予定

②ワークショップ1
Workshop: Slaves, Merchants and the Powers in Medieval Eurasian Trade Networks(中世ユーラシア交易ネットワークにおける奴隷、商人、権力)
13:30-13:35 Minoru Ozawa(Rikkyo University)
Introduction(導入)
13:35-14:35 Marek Jankowiak(University of Oxford):
Slave Trade and the Emergence of States in Northern Europe(北ヨーロッパにおける奴隷交易と国家形成)
14:35-15:20 Takahiro Narikawa(Rikkyo University):
Traces of the Roles played by the Hunter-Gathering People in the Fur Trade in the Northern Europe(北ヨーロッパの毛皮交易における狩猟民の役割の痕跡)
15:45-16:30 Tsubasa Nakamura(Osaka University):
Migrants, Refugees and Slave Trade among China, Korea and Japan in the 14th Century(14世紀東アジア海域における人の移動―移民・難民・人身売買)
16:30-17:15 Yasuhiro Yokkaichi(Okinawa Prefectural University of Arts):
 The Privileged Merchants under Mongol Rule(モンゴル支配下の特権商人)
17:15-17:30 Minoru Ozawa(Rikkyo University)
Some Remarks on Medieval Eurasian Trade Networks(中世ユーラシア交易ネットワークについての幾つか)

日時:7月22日(土)13:30-17:30
会場:立教大学池袋キャンパスマキムホールM101会議室
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/
司会:小澤実(立教大学)

③ワークショップ2
Workshop: Byzantine Religious Controversy Revisited(ビザンツ帝国の宗教論争再訪)
14:30−14:35 Minoru Ozawa(Rikkyo University)
Introduction(導入)
14:35−15:35 Marek Jankowiak(University of Oxford):
The Monothelete Controversy: Theology and Political Crisis in Seventh-Century Byzantium(単意論論争:7世紀ビザンツ帝国の神学と政治危機)
16:00−16:45 Akio Kaibara (Osaka City University):
The Religious Conflict in Western Thebes in Late Antiquity(古代末期西テーベの宗教紛争)
16:45-17:30 Hisatsugu Kusabu (Osaka City University):
The Byzantine Manichee: Revisited(ビザンツ帝国のマニ教再訪)
17:30−18:00 Discussion

日時:7月31日(月)14:30-18:00(14:00開場)
会場:大阪市立大学杉本キャンパス文学部棟1F122会議室
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/university/access
司会:小澤実(立教大学)

Supported by 科研費国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)「スカンディナヴィアとその影響圏におけるルーン石碑の総合研究」(課題番号15KK0062:代表者小澤実)

Print This Post Print This Post