国際シンポ「中世の教皇:統治、コミュニケーション、文化交渉」(2月17-19日)

13人の報告者を迎え、下記のシンポジウムを開催します。

International Symposium:
Medieval Papacy: Governance, Communication, Cultural Exchange

日時:2017年2月17日(金)-19日(日)
会場:立教大学池袋キャンパス(17日と18・19日では会場が異なります)

17日(金) 会場:本館1階1104教室
Keynote Lecture
18:30- ハラルド・ミュラー(アーヘン工科大学)
Crisis and Antagonism: Contending Popes as a Challenge to Papal Authority
司会:池上俊一(東京大学)

18日(土) 会場:5号館第1・第2会議室
Session 1: Papacy and its Political Communication
9:30- 菊地重仁(青山学院大学)
Authority in the Distance: Popes, their Media, and their Presence Felt in the Frankish Kingdom

10:15- 小澤実(立教大学)
Why Did a Viking King Meet a Pope?: Political and Commercial Background of Cnut’s Journey to Rome in 1027

11:00- ジェシカ・ノヴァク(マックス・プランク・ヨーロッパ法史研究所)
“Having a Single Little Wolf at the Papal Court isn’t Enough, You’ll Need at Least Two of Them”: The Milanese Impact on the Papal Decision Making in the Middle of the 15th Century

昼食

Session 2: Papacy and the Intellectuals
14:00- ゲオルク・シュトラック(ミュンヘン大学)
The Imitation of Christ in Papal Synodal Sermons of the 13th Century

14:45- 赤江雄一(慶應義塾大学)
John XXII and Different Views of Sermons in the Beatific Vision Controversy

15:30- 阿部善彦(立教大学)
Cardinal Nicholas of Cusa in the Papal Curia after 1453

19日(日) 会場:5号館第1・第2会議室
Session 3: Papacy and Religious Identity
9:30- 草生久嗣(大阪市立大学)
“Medieval Heretics” in the East: A Heresiological Label of Bosnian Bogomils/Patarenes in the 13th Century

10:15- アレッサンドロ・シンベーニ(立教大学)
Franciscan Identity and Medieval Iconographic Sources in the Assisi Tapestry Commissioned by Pope Sixtus IV

11:00- 成川岳大(立教大学)
Papacy and Cross Banners in the Far-North?: A Forgotten Religious Frontier of Latin Christendom in the Later Middle Ages

昼食

Session 4: Papacy, the East and Asia
14:00- 村田光司(日本学術振興会)
“Discourteous” Correspondence between Gregory IX and John III Vatatzes
over the Latin Empire of Constantinople

14:45- トマス・スミス(ダブリン・トリニティ・カレッジ)
Papal Communication and the Crusading Movement: The Example of the Fifth Crusade

15:30- 藤崎衛(茨城大学)
Medieval Papacy Facing Asia: Mission, Christianization, and Conversion

16:15- ハラルド・ミュラー
総括

主催:立教大学文学部(立教SFR国際会議助成)
共催:科研費基盤研究(B)「中世盛期教皇庁の統治戦略とヨーロッパ像の転換」(代表:池上俊一;課題番号25284144)

17日に中世教皇庁研究を牽引するミュラー教授のKeynote lectureが、続く18日と18日に中世教皇庁の多様な側面について、4つのセッションでの個別報告が行われます。報告原稿が配布された上で、会議は英語で進行します。ご関心の向きは、会場準備のため下記小澤にご一報いただけますと幸いです。とはいえ当日参加でも結構です。

お問い合わせ:小澤実(m-ozawa@rikkyo.ac.jp)