西洋中世学会

Japan Society for Medieval European Studies


2020年9月5日(土)

第12回大会(2020年10月3-4日、オンライン開催)のお知らせ


皆様

西洋中世学会第12回大会を、10月3日(土)、4日(日)の両日にわたり、Zoom を用いてオンライン上で開催いたします。今大会では、自由論題報告、シンポジウム、ポスター・セッションが行われます。ふるってご参加下さい。

参加には事前申し込みが必須です。参加ご希望の方は、本ページ下部の「参加申し込みフォーム」を用いて事前にお申し込み下さい。申し込みをいただいた方には、フォームに記入いただいたメールアドレスに、参加者用ウェブサイトへのアクセスに必要な情報を送信します。9月25日(金)13:00 までにご登録をいただいた方には 9月30日までに送信されることになります。

★プログラムおよび要旨については以下をご覧下さい。 

      *現在のところオンライン上での懇親会は予定していません。

★今回ははじめてのZoomを用いたオンライン開催ということもあり、以下のマニュアルを作成しました。

西洋中世学会大会 Zoom 利用マニュアル  (大会までに若干のアップデートがありえます)

事前にぜひご一読いただき、必要な方は参加に必要な環境を整えていただくよう、そしてオンライン開催ならではのマナーについてご留意いただくようお願いします。

  • 例: 受信映像や発表資料の保存(画面キャプチャを含む)、録音、再配布は原則禁止です。必要な場合は、事前にすべての関係者に許可を得る必要がある、など(上掲マニュアル 6.2, 7.3 参照)。

★自由論題報告/問題提起(1日目)、シンポジウム(2日目)は、Zoom の Webinar を用います。(登壇者以外の参加者のみなさんは質疑の際には、Zoom「挙手」機能をつかって挙手をしたうえで、司会の指名を待ったうえでご発言ください(Webinar では聴講者の音声・画像発信は許可されない限りはできない仕様です)。

ポスター・セッション(2日目)は、Zoom の通常の Meeting を用います。ポスター報告者がそれぞれ Meeting をホストし、通常のポスター・セッションと同様に、参加者を交えて議論していただけます。参加者は Meeting 間を自由に出入りしてください。今回のポスター・セッションでは、これまでの大会でのやりかたと異なる点が2点あります。

  • ひとつは、発表者が、ポスター・セッション中の決まった時間(参加者用ウェブサイトに掲載します)に、 8分間のプレゼンテーションをしていただくことです(セッション中にこの機会を 2回設けますが、この時間以外に「」報告者がプレゼンテーションを行っていただくことは可能です)。

こうした理由は、あるポスターについての議論をするためにはその Zoom Meeting へアクセスする必要があり、ポスターセッション会場全体を一覧して様子を見ながらポスター間を移動するのが難しいためです。

  • ふたつめは、参加者は、大会当日前の 10月1日から、ポスターを見ていただくことを可能とすることです。オンラインでの開催ははじめてであるので、事前からポスターを検討していただく機会を設けることにしました。

★ポスター賞についても実施します。詳細は、参加者用ウェブサイト上に掲示します。

★ポスター・セッション自体についてなじみのない方は、2011年夏に開催された「西洋中世学会 若手支援セミナー企画ポスター・セッション」の報告をご一読ください。

 

 

お名前(必須)

おなまえ/ふりがな(必須)

メールアドレス(必須)

会員種別
一般参加者正会員学生会員賛助会員

「一般参加者」を選ばれた方は、どのような経緯で本第12回大会について知りましたか(任意回答)。

学生の方は以下のいずれかにチェックをお願いします。
学部生聴講生修士課程博士課程該当しない

学生所属

参加プログラム(複数選択可)
自由論題報告ポスターセッションシンポジウム

スパム防止のため、下記画像の文字を入力してください/Please fill out the following
captcha

PAGE TOP ▲